妻自慢する男性の心理とは?自慢したい妻になるためにはどうすればいい?

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

妻を自慢する男性を見て、あなたならどんな印象を抱くでしょうか。「奥さんを褒めるなんて素敵!」「家庭円満なんだろうな。奥さんが羨ましい」。このような意見はほとんどが女性側であり男性同士では「なにもこの場で言わなくても……」「場がしらける」などうんざりしてしまうことも。

妻の自慢にはどのような心理が隠されているのでしょうか。今回の記事は男性の心理と妻の自慢に対して相手が思うこと、そして夫が自慢したい妻になれる方法をお伝えします!

目次

目次

人によく見られたい? 妻自慢する男性の心理



会社の同僚やお酒の席で妻自慢する男性。「俺の嫁は料理の腕がいい」「年々綺麗になっていく」など円満な家庭ぶりを話します。妻のことを愛しているからと思いきや、妻自慢には複雑な心の働きが見え隠れすることも。

惚気で話すほかに妻自慢をするときに考えられる心理は2つあります。
①自己呈示
②承認欲求からのマウント
男性は特に人からの評価を気にすることから、人からよく見られたいときに表れやすい心理状態です。

自己呈示とは

「自分をよく見せたい」「自分はできる人間であることを相手にわからせたい」と自分を大きく見せたくなりますよね。その裏には会社での評価が上がらない、実績が伴わない……。など「自分の能力は高いのに周囲の評価が低い」「もっと認められてもいいはずだ」という思いから、なりたい自分を演じ相手の印象をよくしようとすることを自己呈示といいます。

自己呈示のパターンは5つ。
①取り入り
②自己宣伝
③威嚇
④模範を示す
⑤哀願
妻を自慢することは人からよく見られたいと望む自分の自信のなさの表れの場合もあります。それぞれどのような心理が働くのでしょうか。

自己呈示の5つのパターン

取り入りは相手に気にいられるよう自分の好意を伝えます。自己宣伝は自分の評価を高めるために実績を示し相手に有能さをアピールすること。妻の自慢をすることで「よき夫であること」「いい家庭が築けていること」など他者からの好感を得ようとする心理が働くのです。

威嚇とは自分が優位に立てるように威張り相手を怖がらせること。模範を示すは尊敬を得るため人として見習うべき行動を取り、哀願は自分を弱く見せることで援助を得ようとします。

夫婦仲良く幸せな家庭なら自己呈示によって自分を演出しなくてもいいはずですよね。妻を自慢することで人からよく見られたい心理が垣間見れるのです。

承認欲求からのマウント

「褒めてほしい」「認めてほしい」「気持ちをわかってほしい」など。承認欲求が強いとき相手に求めるものが増え他者からの賞賛を欲しがります。妻の自慢で自分の株を上げ、人より優れた存在であることをアピールするためにマウントを取ることも。承認欲求が強い人ほどマウントを取り優劣をつけ自尊心を保とうとするのです。

自分の自信のなさから承認を求めたり人より優れた存在だと自分を大きく見せたい心理が働きます。またプライドが高くナルシストな男性も特別視されたいため自慢話が増える傾向があるでしょう。

妻の自慢話に男性側は「辟易」女性側は「肯定的」



会社の同僚や友人が妻の自慢話をしていたとき男女によって受け取り方が違います。男性は自慢話をされてもうんざりするだけ。会話は少し自分を下げて笑いを取れる人がその場を盛り上げることができます。ですから妻の自慢をすると自分だけが気持ちよくなるだけで相手からは話がつまらない人だと思われてしまうでしょう。

女性は妻の自慢に対し肯定的で、「奥さんを褒める素敵な旦那さん」だと感じるようです。話の内容を自分の夫に言い聞かせ、あんな夫なら妻もさぞ幸せだろう「あなたも私を褒めて」とプレッシャーを与えることも。男女の受け取り方の違いには、男性側は自慢話に興味がなく、女性側はどんな妻に魅力を感じるのか興味があるのです。

自慢したい妻になる方法



夫にとって自慢したくなる妻とは、夫に従順であることです。夫の言うことを素直に受け入れ家庭的。けれどいくつになっても女の色気がある妻なら自慢したい妻になれるでしょう。ですがこれはあくまで男性目線によるものです。女性からすればそんな都合よくいられませんよね。

夫が自慢したい妻になるには従順に見せておくことが大切なのです。例えば夫が知人や家族といる場合は夫を立てること! 冠婚葬祭では率先して動くこと。これらは夫の父と母、親戚、友人や会社の同僚からいい妻と思われることで夫の評価が上がるのです。

従順になるべきタイミングを気をつければ自慢したい妻になるでしょう。さらに夫の前でいつもきれいでいようと心掛けていれば完璧です!

妻の自慢はほどほどに 感謝は妻本人に伝えよう!



承認欲求やマウントからではなく、妻を愛し惚気ている場合であったとしても相手からはうんざりされてしまいがち。妻の自慢を喜んで聞いてくれるのは妻本人と妻側の家族ではないでしょうか。他人に自慢するくらいなら妻本人に感謝を伝えることで夫婦の関係は良くなっていくでしょう。

もし妻に対し褒めてもいない「ありがとう」さえ言わない夫なのに妻の自慢をよそでしているのなら、「こんな妻と結婚できた自分はすごいんだ」と人によく見られたい心理が働いていることが考えられます。

人の自慢話は聞いてる側にとってはつまらないもの。それは妻の自慢も例外ではありません。ですが妻本人に伝えることでお互い幸せになれる会話になるのではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次