Pixel以外で〝AI搭載Googleアシスタント〟をスグ使えるスマホ

10月4日に開催された「Made By Google 2023」でGoogleは、「Pixel 8」シリーズや「Pixel Watch 2」などの新製品とともに、言語AI「Bard」を統合した新しい音声アシスタント「Assistant with Bard」を発表しました。

この機能は始めに「Pixel 8」に提供され、その後ほかのモデルにも順次提供される予定です。これらの端末の中で、「Pixel 8」以外で提供が決まっているとみられる端末が、テックメディア「9to5Google」によるAPKインサイト(最新アプリのコード解析)によって明らかになりました。

*Category:テクノロジー Technology *Source:9to5Google ,blog.google

「Assistant with Bard」試用運転の対象モデルが判明


Googleは先日のイベントで、「まもなく一部のテスターにAssistant with Bardを展開する」と発表。その次の段階では「今後数ヶ月」で「オプトイン・エクスペリエンス」に移行すると述べていました。「9to5Google」は、この機能はしばらく試用運転機能として提供される可能性が高いと述べています。

同メディアによれば、最新のGoogleアプリのBeta版(バージョン14.41)を分析したところ、「Pixel 8」と「Pixel 8 Pro」の次に、未発表の「Galaxy S24」のアシスタントをアップデートの対象にしていることが判明したとのこと。さらに、「Pixel 6」や「Galaxy S23」シリーズについても「今日見たところでは計画されている」としています。

Based on the code we’ve seen, we believe the Pixel 8 will get it first, followed by the Galaxy S24 early next year. Afterward, signs point to older Tensor-based Pixels and the Samsung Galaxy S23 series being next in line before wider availability.


— 引用:9to5Google

訳:我々が目にしたコードに基づくと、「Pixel 8」が最初に搭載され、次いで「Galaxy S24」が来年初めに搭載されると思われる。その後、旧型のTensorベースのPixelとサムスンの「Galaxy S23」シリーズが、より広い範囲で利用可能になる前に、次の順番になると思われる。

なお、Googleはブログの中で、「数ヶ月後」には「AndroidとiOSのモバイル端末」で「Assistant with Bard」にアクセスできるようになると述べています。これはおそらく、試用運転が終わったのちの正式提供を指していると考えられます。

Today at Made by Google, we introduced Assistant with Bard, a personal assistant powered by generative AI. It combines Bard’s generative and reasoning capabilities with Assistant’s personalized help. You can interact with it through text, voice or images — and it can even help take actions for you. In the coming months, you’ll be able to access it on Android and iOS mobile devices.


— 引用:blog.google

訳:今日のMade by Googleでは、ジェネレーティブAIを搭載したパーソナルアシスタント、Assistant with Bardを紹介しました。これは、Bardの生成能力と推論能力をアシスタントのパーソナライズされたヘルプと組み合わせたものです。テキスト、音声、画像で対話することができ、あなたの代わりに行動を起こすこともできます。数カ月後には、AndroidとiOSのモバイルデバイスで利用できるようになる。

GoogleはAndroidメーカーでも最大手であるサムスンとの結びつきが強く、Tensorチップの製造委託のほか、スマートフォン向けOSの「Wear OS 3」も共同開発しています。2社の関係性を考えると、サムスン製であるGalaxyシリーズに優先的に新機能が提供されるのも不思議ではありません。

さらに「9to5Google」は、「Assistant with Bard」で質問できるサンプルクエリも発見しました。以下はその例の一部です。

  • なぜ虹が出るのか、子供にもわかりやすく説明してください。
  • 同僚への感謝の手紙を書くのを手伝ってください。
  • 仕事でストレスを感じている友人への返信メールを作るのを手伝ってください。
  • 採用担当者にメールを送り、ソーシャルメディア・マネージャーの仕事のオファーを受け入れ、入社日を遅らせるよう交渉してください。
  • コンサート好きの友人の誕生日にサプライズするアイデアを教えてほしい。

サンプルクエリを見る限り、「Assistant with Bard」は従来のGoogleアシスタントに比べ、かなり複雑な質問や要求に答えられるようです。問題は回答の精度ですが、それについては試用運転が開始され次第判明するでしょう。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す