【パズドラ】サクヤ=オリジンをリーダーにし、11月のお題をあっさりクリアする!?【大塚角満#205】

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。


[PR] 本ページでは掲載するECサイトやメーカー等から購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

目次

◆このパーティー、強かった

 長く続いた大塚角満のパズドラ縛りプレイも……いよいよ大詰めとなりました(意味深)。

 2023年11月のお題は、

【大塚角満のパズドラ縛りプレイ:2023年11月のお題】
——————
「交換限定モンスターをリーダーにして壊滅極限コロシアム(星壊の滅翼)をクリアせよ!」
※フレンドは自由
———————————

 こんな感じで、これまで3週にわたってあーだこーだと編成を考えて、前回ではいよいよダンジョンに打って出たのであった。

 くり返しになるが、今回の挑戦で使ったパーティーは以下のものとなる。



 
 リーダーは最新の交換限定モンスター、サクヤ=オリジンで、こいつは火水木光の限定4色消しが必須ながら、攻撃力30倍、ダメージ激減、4コンボ加算、神タイプのHP1.1倍という破格の性能を備えている。……まあ、HPに関しては神タイプ1.1倍なので、

 「まあ……別にどっちでもいいか^^;」

 ってんで、1ミリも考慮に入れなかったんだけど(苦笑)、それでもリーダースキルだけで考えたら、星壊の滅翼くらいは余裕で突破できるんじゃないか……と。

 てなわけで、改めてになるが……!


 負けられない戦い、行ってきます!!


 ということで、ここからが前回の続きである。

 サクヤ=オリジンの相方として助っ人にしたのはアルジェキティなので、じつは性能をフルで発揮しようと思ったら限定4色どころか5色消しが必要なパーティーなんだよねコレ^^;

 でもこの選択って、じつはめちゃくちゃ正解だと思っていて。

 というのも、サクヤ=オリジンのリーダースキルでは固定ダメージと回復へのブーストがないんだけど、アルジェキティならばそれをしっかりと補完できる。しかも、サブにも1匹アルジェキティが入っているので、ほぼ毎ターンのようにロック解除の5色陣を使って、欠損を回避できるのだ!!

 よって……!! 道中は……!!!


 根性持ちが出てこようが、なんの遠慮もなくフル火力でブン殴れる!! しかも!



 クロガネマルとか、ダメージ無効を使ってくる連中が何匹か出てくるけど、アルジェキティのスキルは無効貫通付き(しかもダメージ上限が40億にアップ!)なので、こいつらへのカウンターにもなるのだ。つまりアルジェキティのスキルを回していれば、ほぼほぼ無傷で進撃することができてしまうのでありますよ!!ww

 なので、「アレヨアレヨ」と歌を歌っているうちに……!


 あwww もうボスの前哨戦であるデモニアスのところまで来ちまったwww ぶっちゃけここまで、ヒヤリとなる場面は1回もナシ!!

 ただ懸念材料として、ここは特殊ダンジョンなので進軍しながらメンバーのレベルが上がっていくわけだけど、経験値をバカみたいに喰う交換限定モンスター2匹のレベルは……ここにきても10止まり!!!www
 70年代のアメ車並みに燃費悪いなオマエらは!!!(驚)

 それでも、戦闘力としてはコレで十分でさ……! ふつうに5色消しでブン殴ったら……!!


 アラアラ。一瞬で粉々にしちまったよ^^;

 そして出てきた真ボス、デスファリオンに対しては……!


 ここぞとばかりに、ライザーの2ターン続く吸収無効スキルを発動!!! なんの懸念もなく思いっきり攻撃して!!


 ズババババババ!!!


 よっしゃあああああ!!! 11月のお題も、余力を残してクリアーできたぞぉぉおおおお!!!!

 こうして、やるべきことを果たせた喜びを感じることはできたものの、改めて振り返ってみたときに、

 「これ……。すんげえ無理してサクヤ=オリジンとアマテラス=ドラゴンを限界突破するまで育てちゃったけど、特殊ダンジョンなんだからレベル1でほっときゃよかった……((゚Д゚;))」

 という後悔の念のほうがデカくなってるんだけど……w このお題のためだけに、いったいどれだけのレインボーメタルドラゴンを喰わせたんだ俺……((゚Д゚;))

 とまあ、精神的には心穏やかとは言い難いけど、無事にクリアーできたのは本当によかったです!!


 残るは……最後の12月!!! 本当の意味での大団円(意味深その2)を迎えられるように、がんばりたいと思います!

 続く!


パズドラ】熟考の末……結局サクヤ=オリジンがリーダーに決定した話。【大塚角満#204】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次