激変する新型「iPhone SE」第4世代のデザイン・カラー・機能をCGで予測

大きな刷新が噂されている第4世代「iPhone SE」について、リークをもとにした予測CGをYouTubeチャンネル「4RMD」が公開しています。


*Category:テクノロジー Technology

第4世代「iPhone SE」の予測CG


現行の第3世代「iPhone SE」は、「iPhone 8」をベースにしており、4.7インチの液晶ディスプレイと、Touch IDを登載した古いデザインです。第4世代の「iPhone SE」では、これらのデザインの一新が噂されています。

「MacRumors」によれば、外観は「iPhone 14」に似たものになるとのこと。また、生体認証としてはTouch IDではなくFace IDが登載される見込みです。


» iPhone SE 4: All the Rumors So Far

「4RMD」が公開した予測CGも、これらの新要素を反映したものになっています。このCGでみられる大きな進化は「6.1インチの大画面」「アクションボタン」「USB-Cポート」の3つです。

ディスプレイ側にはノッチがあり、「iPhone 14」とほぼ同じデザインです。


一方で、「iPhone 14」とは違い、前世代の「iPhone SE」シリーズと同様、カメラは1眼構成になっています。ただしセンサーは48MPとより高解像度です。


ディスプレイは6.1インチの有機ELディスプレイを登載しており、Ceramic Shieldを採用しているという設定。


側面には「アクションボタン」が登載されています。


底面にはUSB-Cポートを登載。これは「iPhone 15」に続く流れです。


カラーはブラック、ホワイト、プロダクトレッドの3色となっています。


第4世代「iPhone SE」は2024年登場が期待されていましたが、「MacRumors」によれば、2025年に延期され、2024年には刷新されない可能性があるとのことです。

関連情報

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す