iPhoneアプリで成功した人はどれくらい儲かったのか。

Trism

Edible AppleがA look back at the iTunes App Store – Part II: Successful iPhone DevelopersApp Storeの成功者達というタイトルでAppStoreで大金を得た人達を紹介しています。

成功の方程式をたてることがほぼ不可能と言われるApp Storeの中で、一握りのうまくいった開発者達は一体どれくらい儲かったのか。抜粋して紹介します。既知の情報が多いのですが参考にお読みください。


表示されている金額はProfitと書かれていたので、すべてアップルの取り分を差し引いた後の金額だと思います。

Trism

発売後2週間$250,000を手に入れる。
ATMのソフトウェア開発者が業務の傍ら一人で4ヶ月かけて開発。現在は会社を辞め、自社Demiforceを立ち上げる。
友人がTrismを命名、マーケティング代として数千ドルを支払う。

レビューはこちら。
Trism:カジュアルなパズルゲームをなめているすべての人へ。

iFart

AppStoreで飲酒やゲロ、おならなどのアプリが解禁となったときに頭角を現した。
2008年12月、$0.99で販売を開始、2週間後に$80,000を得る。
クリスマスイブとクリスマスの二日間で58,000人に販売し、$40,000を得ている。

iTunesリンクはこちら
iFart Mobile – #1 Fart Machine UPDATED!

iSteam

22歳のカップルが「iSteamで$100,00(注, $100,000の間違い?)ゲットしてるぜ!」と発言。

レビューはこちら
iSteam: 写真に息吹きかけて曇らせ、なぞって書く素敵な再現度のiPhoneくもり窓アプリ。

iShoot

たった1ヶ月で$600,000売り上げた。
無料アプリを出すことで大成功した初めての事例。
また、$1化が激しく進む中、$3以上のアプリでも数多く売れる事例にもなる。

レビューはこちら
iShoot:中毒性が非常に高い25種の武器と移動する戦車がドンパチやりあうiPhoneタンク対戦ゲーム

Enigmo / Cro Mag Rally

Mac専用のゲームハウスPagneaのレース&パズルゲーム。
iPhoneの大成功によりCEOが「Mac用ゲームはもう作らない」と発言。
(iPhoneでのほぼ半年の売り上げが、これまで20年以上のMac向けソフトの売り上げより大きかった!)
Enigmoは80,000以上DL、すでに$1,500,000の利益を得ている。

Enigmoのレビューはこちら
ENIGMO:Pagnea名作ゲームの無料版登場、有料版も115円。

CroMag RallyのiTunesリンクはこちら
Cro-Mag Rally


以上です。
私の知ってる範囲だと、Flight Control(115円)で80万から100万販売しているはずですし、Flick Fishing(115円)もようやく100万DL達成をアナウンスし、このクラスのプレイヤーはごろごろいる感覚です。

他にも上記の数倍売り上げているという話も聞きますし、もっと景気の良い話が出てくるとうれしいですね。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ