iPhoneのバッテリー設定を見直して、今より長く使えるようにしよう。

バッテリーを少しでも長く保つための記事がAppleのこちらのページにあったので詳しく紹介したいと思います。iPhoneのバッテリーが気になる、一回の充電でさらに長持ちさせたい!という方、設定を1度見直してみましょう。


まず最初に

iPhone は通常時で、色々な機能やアプリをバックグランドで、動作させています。それに制限を加えることで動作を控え、バッテリーの持続に繋がります。以下の事を、組み合わせることによって、iPhoneのバッテリーを今以上延ばせることが考えられます。是非試してみてください。


iPhoneを自動ロック!

battery

まず、重要なのはこれでしょう。「設定」>「一般」>「自動ロック」

iPhoneを触らない時はスリープロックしておきましょう。ロック中も電話に出たり、メールを受信したりすることはできます。ロックするには、スリープ/スリープ解除ボタンを押します。自動ロック時間は最短の1分がオススメです。


Wi-Fiネットワーク、Bluetoothをオフにする。

続いて、Wi-Fiネットワーク、Bluetoothをオフにする。
この2つの機能も使用する時にだけ【オン】にすれば余分なバッテリーを使わないで済みます。「設定」にてWi-Fiオフが可能。「設定」>「一般」>「Bluetooth」にてBluetoothのオフが可能です。

battery
battery


iPhoneの【明るさ】は少しでも暗く設定しよう。

battery

設定画面内に、【明るさ】というのがあるので、それを暗くすることでバッテリーを長持ちさせます。

また明るさの自動調整を【オフ】にすると、より良いでしょう。


メールのプッシュ機能は便利だが、バッテリーを考えるなら【フェッチ】にしよう。

次はメールです。メールなどのアプリケーションは特定の間隔でデータを取得するように設定できます。メールなどのデータの取得頻度が高ければ高いほど、バッテリー駆動時間は短くなります。

battery

「設定」>「メール/連絡先/カレンダー」>「データの取得方法」と飛び、手動とタップします。

手動にすることで、メールアプリを立ち上げた時に、新着メールを確認するので、バッテリーを長持ちさせることが出来ます。


圏外では積極的に【機内モード】にしよう!

battery

電波の届かない地下などでは積極的に、機内モードを【オン】にすることをオススメします。

電波の届かない所では、iPhoneは普段より積極的に電波を探しにいきます。そのことで消費電力が増すので機内モードをオンにしましょう。電波の取得をしなくなり、通話が出来なくなるので、ここはご注意。

なお機内モードをオフにしていても、Wi-Fiを【オン】にすることでメールやSafariの使用は可能です。


アプリなどのプッシュ通知も【オフ】に設定。

プッシュなどの通知を【オフ】にすることもバッテリーを長持ちする1つです。

battery
battery


iPodのイコライザ設定は【オフ】に。

iPhoneでの曲の再生にイコライザ設定を適用すると、バッテリーの消費が増します。「設定」>「iPod」>「イコライザ」と選択し、【オフ】を選ぶことで、消費を抑えます。

battery


GPS機能を使わないのであれば、位置情報サービスも【オフ】設定にしよう。

位置情報サービスの使用を控える。バッテリーの事を考えるなら【オフ】にしちゃいましょう。マップなどで位置情報サービスを利用するのを控えます。使用時にはオンにします。「設定」に「位置情報サービス」という項目があります。

battery
battery


Pingの設定をオフに

もし「Ping」を使用していないのであれば、動きを止めましょう。

「一般」>「機能制限」から、「Ping」の項目をオフにすることができます。


小まめにバッテリー状況を確認

battery

バッテリー状況を確認します。

「設定」>「一般」>「使用状況」とタップすることで閲覧可能です。

定期的に確認して自分の使用状況を確認して使いましょう。


以上の事を、組み合わせることによって、iPhoneのバッテリーを今以上に延ばすことが出来るはずです。是非試してみてください。

iPhoneの基本的な使い方や、便利なTipのまとめはこちらからチェックできます!
iPhoneの使い方、設定方法、便利なTipsまとめ。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ