[iPad] PDF Presenter v1.1.0: PDFプレゼン決定版の進化です。縦・横表示が可能に!1729

以前、こちらの記事(→[iPad] PDF Presenter: PDFでプレゼン決定版アプリが登場!シンプル、使いやすい!泣ける!1617)でご紹介した
PDF Presenterが進化しましたのでご紹介します!

pdfpresenter - 1


加わった機能は大きくわけて3つ!

  • iPadを横(ランドスケープ)にしても使えるようになった
  • スライドショーの表示アニメーションが増えた
  • 横・縦表示共にレイアウトの変更が可能になった

それでは早速ご紹介していきます!


PDF Presenter

PDF PResenter, 前回の動画。


縦でしか使えなかったPDF Presenterですが、横表示にも対応!

pdfpresenter - 1


レイアウト変更も可能です。下にあるバーを上に移動したり、Next slideやPrivious slideを左右入れ替えたりできます。

pdfpresenter - 1


pdfpresenter - 1

もちろん、今まで通り縦でもOK


pdfpresenter - 1

縦のレイアウトも変更可能です。


設定は少し複雑です。Transitionsは、画面に表示したスライドショーの動きの設定。Portrait LayoutとLandscape Layoutはそれぞれ縦表示・横表示のレイアウト変更です。

pdfpresenter - 1


Transitionsは上からAnimation(スライド変更時の動き)、New Slide Appears(スライドの表示方法)、Animate slides(投影されたもののみアニメーションするか、手元のiPad上でもアニメーション表示するか)の3つを設定できます。

以上です!

私が触ったところ、アニメーション機能は余り活躍の場がなさそうです。無難な設定にとどめておきましょう。何よりも嬉しいのはやはり横表示の対応ですね。これでこのアプリを使えるシーンが増えたのではないかと思います。ぜひご活用下さい。


PDF Presenter
  • 販売会社URL:PDF Presenter for iPad
  • 参考価格:600円
  • 仕事効率化(Productivity)
  • 執筆時のバージョン:1.1.0
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ