究極の英語リスニング Vol.4(アルク): 日常会話や旅行で使う英語を耳に覚え込ませよう。439

こんにちは、KiDDです。

アルクの人気書籍『究極の英語リスニング』シリーズをアプリ化した英語学習アプリの4作目、究極の英語リスニング Vol.4(アルク) を紹介します。

ちなみにAppBankでVol.1を紹介したのはなんと2009年の4月でして、1年半以上もの間、みんなに利用され続けているからVol.4まで出ていることが分かります。この調子で5、6とマスターしておけばネイティブレベルも夢じゃない!?


究極の英語リスニング Vol.4(アルク)


まずはテーマごとに設定されているいろいろな会話例文を1つずつ聞いていきましょう。
星の数はその会話を聞き取る難しさを表しています。


再生ボタンを押すと最初は字幕も何もなしで会話が始まります。
全部聞き終えたらなんと言っていたのか、テストで内容を確認してみましょう。


テストは書き込んだり選んだりはせず、タップごとに問題とその答えが順番に表示されるタイプです。


また、会話に出てきた語彙の一覧もチェックできます。
ここではラベルを使って自分なりの覚えた、覚えてないの確認ができます。


会話はテキストなしを聞いたあと和訳、そして英文の表示の順で確認していきます。
文字で答えが分かっちゃう英語が最後なんですね。


時間があまりない人のために、例文の一括チェック機能。
さらに通勤、通学時に耳で聞いて覚えるためのプレイヤー機能もあります。


使われている単語も一覧が用意されています。
SVLとはアルクが決めた英単語の標準語彙のレベル別リストのことで、この究極の英語リスニングではSLV6(英検レベル)までの単語が使われているそうです。


2月20日まで発売記念セールで通常1,200円のところを600円で購入できます。


究極の英語リスニング Vol.4(アルク)
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ