[iPad] GarageBand特集 第2回: ギタリスト必見!ギターアンプシミュレータ機能で遊びつくす!1189

GarageBand AmpSimulator


皆様、iPadのGarageBandをバリバリ使い倒していますか?

少し間があいてしまいましたが、GarageBand特集です。お待たせしてすみませんっ。
第2回目はギタリスト要注目のギターアンプシミュレータ機能です!

…本当はもっと後の回の予定だったのですが、僕がギタリストということもあり、はりきって前倒しです。ギタリストにこそiPad版GarageBandで遊んでもらいたいです!何気にギタリストが一番楽しめるアプリだと思っています。

アンプシミュレータを使ってできることや、ポイントを解説しています。
アンプの音がどんな感じかチェックできる動画も必見ですよ。

あ、もちろんiPadとギターの接続にはiRigを使います。
AppBank STOREから購入できますよ!

今までのGarageBand特集はこちらからどうぞ。
GarageBand: いつでもどこでも、iPadだけで音楽制作できる時代がやって来た!
GarageBand特集 第1回: Smart Drums機能を使って、本格的なドラムパターンをサクッと作る。887


GarageBand

アンプの音はこの動画でチェックです!


アンプで遊ぶ

それではアンプシミュレータを使っていきましょう。
画面を左右にフリックして【Guitar Amp】をタップします。

GarageBand AmpSimulator


ばばんっ、とリアルなグラフィックでアンプが表示されます。
「GB」って書いてありますけど…どこからどうみてもVOXのなんとか30です。

GarageBand AmpSimulator


ジャラーンッと弦をかき鳴らして、元気な音が…出てこない!!

ここから【モニタ】をオンにしなければ音が出ませんのでご注意です。
ノイズゲートのオン/オフもこちらからですね。

GarageBand AmpSimulator


音が出ました!
うん、なんともブリティッシュな音です。

GarageBand AmpSimulator


アンプ部分を左右にフリックするとアンプを切り替える事が出来ます。Fender、Marshall、Vox、Mesa Boogie、Orangeなど、9つのアンプモデルが収録されています。

GarageBand AmpSimulator


ちなみにこちらからチューナーを利用できます。
某ラックタイプのチューナーっぽくていいですね。

GarageBand AmpSimulator


エフェクターで遊ぶ

こちらからエフェクターを追加したり調整できたりします。
さっそくタップしてみましょう!

GarageBand AmpSimulator


オーバードライブ、ディストーション、コンプ、コーラス、フェイザー、ディレイなど、全部で10種類が収録されています。どれもMac版GarageBandにあるものですね。

GarageBand AmpSimulator


くぼんでいる部分をタップすればエフェクターを追加することができます。
エフェクターは全部で4つまで接続可能ですよ。

GarageBand AmpSimulator


オーバードライブを追加してみました。
つまみの調節もダイレクトにぐりぐりするだけです。

GarageBand AmpSimulator


エフェクターをはずすにはドラッグしてポイします。

GarageBand AmpSimulator


プリセットで遊ぶ

プリセットも用意されています。プリセットは使えないもの、という経験則(PODとかPODとかPODとか)がありましたが、使えるものが多いと感じました。

GarageBand AmpSimulator


もちろんメタルっぽいものもあります。
そう、僕はメタルっ子なのです。

GarageBand AmpSimulator


【Modern Metal】をタップしてみました。
完全にドンシャリ設定でしたので、ミドルを好みの感じで上げ高域も調整しました。

GarageBand AmpSimulator


こちらから設定した音色を保存しておけます。

GarageBand AmpSimulator


お好きな名前をつけて、
(iTakahashikun Metal!)

GarageBand AmpSimulator


おっけー、完璧です!

残念ながら設定の上書き保存はできません。【編集】からそれっぽいことはできるのですが、他のプリセットに切り替えて再度保存した設定を選択すると、保存されていません。。ここはぜひ対応して頂きたいところではあります。

GarageBand AmpSimulator


プリセットを削除する場合は【編集】からです。

GarageBand AmpSimulator


ここがポイント!

この状態で赤い丸をタップすればプリセットを削除できます。
確認もなく削除されますので、けっこう注意が必要です。

GarageBand AmpSimulator


録音してみる

さて、そろそろ録音してみましょうか!

こちらのボタンをタップしてアレンジ画面に戻り、何かドラムトラックを用意しておきましょう。メトロノームもありますが、僕、リズム感ないので、はい。。

GarageBand AmpSimulator


画面上部の録音ボタンから録音開始です。
ドラムトラックやメトロノームに合わせて弾きまくります。

GarageBand AmpSimulator


録音が終了しました。

GarageBand AmpSimulator


アレンジ画面に戻って確認してみましょう。
うん、しっかり再生されています。

GarageBand AmpSimulator


トラックの音量、パン、エコー(ディレイ)、リバーブはこちらから調節可能です。

GarageBand AmpSimulator


ここがポイント!

けっこうみなさん気付かないかもしれないのですが、なんとリアンプにも対応しています。ドライ音が録音されているだけですので、後から好きなだけ設定をイジれます。

GarageBand AmpSimulator


以上です。

このアンプシミュレータ機能だけでも、iPad版GarageBandを買うべきだと言える完成度だと感じました。かなり遊べて、使えます!

次回はSmart Guitar及びSmart Bassについてを予定しています。
楽しみにお待ちくださいませ。

ご意見ご要望、励ましのお便りはこちらまで!
@iTakahashikun


GarageBand

AppBank.netのビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 64.7 MB
・バージョン: 2.0.3
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ