Threat Letter: スクラップブック文字を自動で作ってくれるアプリ。漢字でも大丈夫。

こんにちは、momozowです。

みなさん写真の整理ってどうしてますか?たまに見かける、可愛らしいアルバムはどうやったら作れるんだろう…。手順がわかっても、実際やるとなると面倒くさい!と結局やらず仕舞いになってしまうことも多々ございます。

今回ご紹介するThreat Letterは、文字を入力すればスクラップブッキング文字(切り抜き文字)を自動で作成してくれるというアプリです。

面倒くさがりにもそうじゃない方にも、可愛らしいアルバム作りにはぴったりのアプリだと思います。

それではアプリをご紹介させて頂きます。


おすすめ iPhone アプリ


スクラップブッキング文字を作りましょう

まずはアプリを起動させます。文字を入力するには、左下にある【Text】をタップします。

入力画面が出たら好きな文字を入力し、右上にある【Done】をタップします。


するともう既にスプラックブッキング文字になった状態で表示されています!

この手軽さがなんとも言えません!


各パーツ上でタップするとそのパーツが選択され、それぞれ拡大縮小できます。

またパーツの上でダブルタップをすると、フォントが変えられます。本体をシェイクするといっぺんに全パーツのフォントが変わります。


パーツを選択し、パーツの端を2本指でタップしながら傾けるとパーツの角度を変えることも可能です。

ここまでがスクラップブッキング文字の作成の基本となります。とっても簡単ですね!


装飾もできます♪

続いては背景を変える機能をご紹介します。画面下部の【写真】をタップしましょう。

すると【カメラ】【写真アルバム】と出てくるので、どちらかを選択して下さい。


ちなみに写真に文字を入れる場合は、バランスが取りやすいので先に背景を決めることをオススメします♪


次はスタンプの機能です。画面下部の【スタンプ】をタップしましょう。


スタンプの種類は120種類もあります。さすがに文字のテイストにぴったりと来るイラストが多いですね。


スタンプをペタペタと…完成しました!

手抜きをしてても、頑張ったふうに見える!(∩´∀`)∩ワーイ


出来上がった画像は【共有】からTwitterやFacebookへの投稿なども可能です。


カメラロールに保存する場合は、画面下部にある【>】のマークをタップするとメニューが切り替わります。

【保存】をタップし、もう一度確認画面で【保存】をタップすれば完了です。


アイコンなどの文字入れにも活用できますし、写真のタイトルを入れるのにもぴったりだと思います!

いろいろな用途に使えると思うので、是非ゲットしてみてください♪

おすすめ iPhone アプリ
開発 NemusTech
掲載時の価格 ¥170
ジャンル 写真/ビデオ
容量 17.1 MB
執筆時のバージョン 1.7.7
アプリのアイコン
Threat Letter
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ