読み方が分からない漢字をiPhoneの手書き入力を使って無料で調べる方法

最新版はこちら。
読めない漢字をiPhoneで手書き入力する・調べる方法

———


こんにちは、KiDDです。

先日、外で本を読んでいたら読み方が分からない漢字(上の画像)に出会ってしまいました。

これが自宅ならパソコンの手書き入力を使って調べるのですが、手元にあるのはiPhoneだけ。アプリを買えば調べられることは知っていますが、さすがにそのためだけにお金は使いたくありません。

どうしたものかとGoogleで調べていたら・・・あるじゃないですか!読み方が分からない漢字を手書き入力で調べる方法が!しかも無料で!

というわけでその方法を紹介します。

設定からキーボードに【中国語-簡体字(手書き)】を追加します

まずは【設定】アイコンをタップして【一般】メニューを開いてください。


次に【キーボード】から【各国のキーボード】を選択します。


最後に【新しいキーボードを追加…】から【中国語-簡体字(手書き)】を追加します。
準備はこれでOKです。「繁体字」でも大丈夫だそうです。


SafariのGoogle検索から手書き入力ができるように!

キーボードを追加したあと、Safariの検索画面でキーボードの変更ボタンをタップすれば手書き入力ができるようになります。


さっきの読めない漢字が手書きで入力できるぞ!


Googleで検索したら「旱魃」は「かんばつ」と読むことが分かりました。
「干ばつ」でしか知らなかったです。


また一つ賢くなれました!ありがとうiPhone!

※中国語キーボードを追加すると文字コードがUTF-8に変換されるため、UTF-8をサポートしていないauの携帯電話ではiPhoneから送られたメールが文字化けしてしまうそうです。この問題を解決するには漢字を調べるときだけ中国語キーボードを追加する(調べ終わったら削除する)、もしくはメールに絵文字を入れるようにしてください。絵文字を入れると文字コードがJISに戻るそうです。

ちなみに読んでいた本はこちらです。

世界の貧困スラムに足を運び、その人たちと寝食を共にしてきたルポライター、石井光太さんの著作です。児童労働、幼児婚、売春、人身売買、ストリートチルドレンなど、先進国の目線からでは分からない現実がここに書かれています。

アプリで欲しい人は以下のレビューからどうぞ。

iPhoneの手書き入力アプリ

iPadの手書き入力アプリ

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!