iPhoneを目覚まし時計にできる「アラーム」について詳しく解説!今日からアラームを使ってみよう。

iPhoneで目覚まし時計 (1)
iPhoneで目覚まし時計 (2)


iPhoneを購入したときから入っているアプリ「時計」の中にある「アラーム」の使い方をご紹介します。

朝起きるための目覚まし時計として使える「繰り返し」機能や「スヌーズ」機能について、詳しくチェックしていきます。
今日からiPhoneを目覚まし時計にしてみませんか。

目覚ましを設定しよう!

アラーム画面を開こう

iPhoneで目覚まし時計 (3)
【時計】アプリを起動したら、画面下の【アラーム】をタップします。
表示されたページがiPhoneの「アラーム」画面になります。

アラーム画面になったら、画面の右上にある【+】ボタンをタップして、新しくアラームを作成します。


アラーム作成のメイン画面

iPhoneで目覚まし時計 (4)
アラーム作成画面に移動しました。

アラーム作成画面では以下の5つを設定できます。

1. 繰り返し – 曜日ごとの設定
2.サウンド – アラームの曲指定
3.スヌーズ – 二度寝防止機能
4.ラベル – アラーム名の設定
5.時刻 – アラーム時刻の設定

さっそく一番上の【繰り返し】をタップしてみましょう。


iPhoneで目覚まし時計 (5)
曜日が一覧で表示されました。

ここで各曜日をタップすると右にチェックマークがつきます。
チェックマークがついた曜日になると、毎週自動的にアラームを鳴らすことができます。

どの曜日にもチェックをつけなければ、1回だけの使いきりアラーム設定になります。

チェックをつけたら、左上の【戻る】でアラーム作成画面に戻ります。


iPhoneで目覚まし時計 (6)
続いて【サウンド】をタップした画面です。

iPhoneに内蔵された曲一覧や、iTunesで購入したアラーム用サウンドが表示されます。
サウンド名をタップすると、サウンドがデモ演奏を開始します。

気にいったアラーム音が決まったら、左上の【戻る】でアラーム作成画面に戻ります。


iPhoneで目覚まし時計 (7)
【スヌーズ】に専用画面はなく、ボタンをタップするとオン・オフが切り替わります。

スヌーズとは、アラームを仮停止できる機能です。
アラームが鳴っても、仮停止すると10分後に再びアラームが鳴り出します。
アラームを完全停止するまでスヌーズは繰り返されます。

二度寝してしまいそうな方は、スヌーズを活用してください。


iPhoneで目覚まし時計 (8)
【ラベル】をタップした画面に進みました。

ラベルでは、アラームの名前を設定できます。
朝起きる時間が曜日によって違う場合は「月曜日用」など、わかりやすい名前をつけましょう。

ラベルの入力が完了したら【完了】か、画面左上の【戻る】でアラーム作成画面に戻ります。


iPhoneで目覚まし時計 (9)
アラーム時刻はした半分に表示されいてる、縦のドラムロールをドラッグして設定します。

左側がアナログ時計の短針にあたる「時間」、右側が長針と同じ「分数」です。
上下にドラッグできます。


全て設定できたら、画面右上の【保存】ボタンを押せばアラームの作成は完了です。

目覚ましを使ってみよう!

アラームが鳴ったとき、どうやって止めるのか確認しておきましょう。
特にスヌーズをオンにしている場合、どちらが「仮停止」でどちらが「完全停止」なのか理解しておく必要があります。


止めてみよう!(スヌーズオフの場合)

iPhoneで目覚まし時計 (10)
スヌーズがオフのときは、簡単にアラームを止められます。

画面にアラームの名前(ラベルで設定した名前)が表示され【OK】ボタンが表示されます。
【OK】ボタンをタップするとアラームは停止し、作成されていたアラームは「オフ」になります。


ロック中のアラーム停止(スヌーズオンの場合)

iPhoneで目覚まし時計 (11)
朝起きるときは、iPhoneがロック中だと思います。
ロック中のアラームは左図のように表示されます。

画面中央の赤いボタン【スヌーズ】をタップすると、アラームの仮停止となり10分後に再度アラームが鳴ります。

アラームの完全停止をするには、ロックを解除するように画面したの【白い矢印】ボタンを画面右までスライドさせます。


通常画面でのアラーム停止(スヌーズオンの場合)

iPhoneで目覚まし時計 (12)
iPhoneが操作可能な通常の画面の場合は、左図のようにポップアップが表示されます。

【OK】をタップするとアラームの完全停止、【スヌーズ】をタップするとアラームの仮停止となります。


繰り返し設定したときは祝日に注意

iPhoneで目覚まし時計 (13)
「毎月曜日」など繰り返し設定したアラームは、祝日に気をつけましょう。

祝日も設定されている曜日に従ってアラームが鳴ります。
「明日はゆっくり寝られるぞー」と決意したらアラームをオフにしましょう。

もちろん祝日が終わった後、オンに戻すのもお忘れなく!


iPhoneに最初から入っている「時計」アプリを使った「アラーム」設定はできたでしょうか。
シンプルな画面だからこそ、簡単に設定できるので活用してみてください。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
AppBankのゲームコネクトでPS4や任天堂スイッチが当たるキャンペーン開催中!! 新規会員向けのプレゼントもありゲーコネ初めは、今がチャンス!

ゲームコネクト

オススメ