「」や()を直感的にすばやく入力する裏技をご提案!

記号の入力を簡単にする方法 (4)
記号の入力を簡単にする方法 (2)


通常、”「 ”を入力するときは、キーボードを数字モードに切り替えて、数字の7を左にフリックします。こんな風にキーボードを切り替えて入力するのってめんどくさいですよね。

そんなときは、入力したい記号が変換候補にでてくるよう辞書登録しましょう。

…え?あまりに普通だって?そんなことありません!普通に「かっこ」とか「かぎかっこ」と登録するわけじゃないのです。入力したい記号の形をイメージした「かあた」や「かたや」で登録するのです。

「括弧って辞書登録すれば?」と思った方も、ぜひチェックしてみてください。きっと記号の本来の「よみ」を登録するより、今回ご紹介する登録方法の方が簡単ですよー。

*今朝の朝刊でも取り上げさせて頂きました、こちらの記事を参考にしています。
「」カギ括弧を素早く打つ裏技

辞書登録する「よみ」の作り方

キーボードの「か」と「あ」と「た」だけを順番にじっくり見てみましょう。

だんだん”「 “の形に見えてきませんか?


そうなんです!打ちたい記号の形の通りに文字をタップしたら変換するように辞書登録すればいいんです。

辞書への登録方法はこちらをご参照ください。→iPhoneでの文字入力、コピペ、顔文字、辞書登録などの基本を解説!

記号の入力を簡単にする方法 (2)


記号の入力を簡単にする方法 (3)
もちろん反対側の” 」”の形は「は」→「ら」→「や」という順で書くので「はらや」で登録です。

これなら入力したい形にタップだけでOKだし、キーボード切り替えなくてよくて便利なのです♪


他にもよく使う記号のオススメ登録方法

「」以外にも普段よく使う()や、…、=、そして↑などの矢印のオススメ登録方法をご紹介します。


()は「かたや」と「かはや」

括弧の入力は「かたや」と「かはや」で登録するのがオススメ。
縦にそのままなぞる「あたま」や「さはら」では存在する単語なので、普段の入力の邪魔になってしまいます。

記号の入力を簡単にする方法 (4)
記号の入力を簡単にする方法 (5)



・・・は「たなは」でOK

記号の入力を簡単にする方法 (6)
沈黙や間を表す「…(三点リーダ)」。

これは簡単。中央の段を順番にリズムよく「た・な・は」と登録すればOKです。

この変換が一番覚えやすくて楽です。



= は「あかさ はやら」(文字数多いとか言わない)

記号の入力を簡単にする方法 (7)
鎌倉=神奈川県?というように、たまに使うんだけど、記号として呼び出すのがメンドクサイ「=(イコール)」。

ちょっと長いですが、上の段と下の段を順番にタップする「あかさ まやら」での登録が便利です。



↑↓→←は「な」を起点に2文字で表そう

記号の入力を簡単にする方法 (8)
上下左右の矢印は「な」を中心に上下左右に1文字ずつ移動した形で登録。

「なか」で上。(中って言ってるのに上)

「なた」で左。

「なは」で右。(ナハナハ)

「なや」で下。


いかがでしょうか。普段よく使う記号をこんな風にキーボードの形に当てはめて辞書登録すると、記号がサクッと入力できます。
形で登録すれば思い出しやすいので入力途中で「なんて登録したっけなぁ」となる心配も少ないですよ〜。

▲ 参考になったら押してみよう! ▲
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
フリック1つで超爽快!ぶっとびアクション『スマッシュ&マジック』の事前登録が開始!
事前登録人数に応じて、貰える「サファイア」が増えていくぞ!

スマッシュ&マジック

AppBank 全力プッシュ!

オススメ