GoodReader使いこなし: ウェブで公開されているファイルをダウンロードする方法

GoodReader
GoodReader


GoodReader for iPhone の便利な技をご紹介する「GoodReader使いこなし」。今回は GoodReader でファイルをダウンロードする方法です。

今回ご紹介する技をマスターすれば、わざわざ PC でファイルをダウンロードして iPhone にコピーする必要がなくなるので、手間が省けます。また、Safari で開いているウェブページやファイルを GoodReader ですぐにダウンロードすることもできます。

ダウンロードしたいファイルの URL をコピーする

まず Safari などでダウンロードしたいファイルの URL をコピーします。

左:リンクを長押しして…
右:メニューから【コピー】をタップします。

GoodReader
GoodReader


GoodReader でダウンロードする

左:GoodReader を起動して【Web Downloads】をタップ。
右:次に【Browse the web】をタップ。

GoodReader
GoodReader


GoodReader

アドレスバーに先ほどコピーした URL を貼り付けます。

【Paste】をタップして、キーボードの【Go】ボタンをタップします。


GoodReader

ダウンロードしたいファイルの内容が表示されたらダウンロードボタンをタップします。


GoodReader

次回以降は、コピーした URL のファイルを直接ダウンロードしたい時は矢印で指しているボタンをタップします。

コピーした URL のファイルを表示することなく、直接ダウンロードできます。


GoodReader

ダウンロードが始まると、ダウンロードの進捗具合を確認できる画面に移動するかを尋ねられます。

進み具合を確認したい時は【Go there】をタップしましょう。


GoodReader

ダウンロード中のファイルは【Downloads in Progress】に表示されます。

ダウンロードが完了したファイルは【Recent Downloads】に表示されます。

ダウンロードが完了したファイルをタップすると…


GoodReader

【Downloads】フォルダに移動します。ここにダウンロードしたファイルが保存されます。重要なファイルの場合には、ここからファイルを移動させて iCloud にバックアップしたり、Dropbox にアップロードしましょう。

詳しい方法はこちら。

はじめてのGoodReader: 大切なファイルを iCloud にバックアップしよう。

はじめてのGoodReader: Dropbox とファイルをやり取りしよう。


ダウンロードしたファイルを確認する

GoodReader

最後にファイルが開けるかを確認します。ダウンロードが不完全に終わっている場合があるからです。

内容が表示できればダウンロードは成功です。GoodReader 非対応の形式のファイルはダウンロードが成功していても内容を表示できません。


Safari で開いているファイルをダウンロードする

Safari で開いているウェブページ・ファイルをダウンロードしたい場合、URL の最初に「g」を追加します。

左:Safari のアドレスバーをタップします。
右:「http://」の前に「g」を追加して「ghttp://」とし、【Go】ボタンをタップ。

GoodReader
GoodReader


左:GoodReader が起動してダウンロードが始まります。【Go there】をタップ。
右:【Recent Downloads】に先ほどのファイルがあればダウンロードは完了済みです。

GoodReader
GoodReader


GoodReaderの使い方まとめ

その他の使い方・技はこちらからご覧ください。
【保存用】GoodReader for iPhoneの使い方まとめ。基本・応用・小技がチェックできます。


おすすめiPhone アプリ
開発 Good.iWare Ltd.
掲載時の価格 ¥450
カテゴリ 仕事効率化
容量 23.7 MB
執筆時のバージョン 3.17.1
GoodReader for iPhone
GoodReader for iPhone

関連記事

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ