iPhone 5で電子マネー「Edy」が使えるようになるかも!?来年はじめにも対応アプリが登場か。


おサイフケータイ派の方に、ビッグニュース!

楽天から、来年はじめにもEdyが使えるアプリが登場するとの情報が入って来ました。

アイフォーンに対応した初の電子マネーサービスとなる見通し。スマホ市場の中でも突出した人気をみせるアイフォーンのユーザーを取り込むことで、自社が運営するエディのサービス利用者を一挙に増やしたい考えだ。アイフォーンは、決済情報をやりとりするための非接触ICチップを搭載していないため、そのままでは電子マネーを利用できない。

 このため楽天は、アイフォーンに標準搭載されている近距離無線通信規格「ブルートゥース」を使用する新たなエディ決済のアプリ(応用ソフト)を提供する方向。今後の検討によっては、アイフォーンに装着する非接触ICチップ内蔵の決済装置を商品化することも視野に入れている。できる限り、店頭にある既存のエディの決済端末をそのまま利用できる仕組みとする考えで、年内にも技術を開発し、早ければ来春にもサービス提供を発表したい考えだ。

参考
楽天、iPhone5のEdy決済検討 ブルートゥース対応アプリ提供か (SankeiBiz) – Yahoo!ニュース BUSINESS(ヤフーニュースビジネス)

ご存知の通り、iPhone 5んは非接触ICチップは内蔵されていませんが、それをBluetoothを使ってEdyが使えるようにするとのこと。これが実現すれば、iPhone 5でおサイフケータイが使えるようになる!!

アプリでの対応ということで、Appleの審査が通るかどうかという問題もありますが、iPhone 5でEdyが使えるようになれば、ケータイからiPhoneに乗り換えるハードルが1つなくなるので、さらにiPhone 5の普及に繋がりそうですね。

来年あたまにアプリがリリースされることを、期待を込めて待ちましょう!


関連記事

iPhone 5は日本で使える「おサイフケータイ」になるのか?

【iOS 6】新機能Passbookの使い方。お店に近づくとプッシュでお知らせしてくれるのが便利!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ