Appleは「サファイアディスプレイ」をiPhoneに搭載しようとしていた?

AppBank の主任です。

Mac Rumors が、Apple はサファイアクリスタルガラスを使ったディスプレイを iPhone に搭載しようとしたが、量産が難しいので断念したと報じています。

この噂の元になっているのが Vertu の社長のインタビュー記事。Vertu はオリジナルの高価な携帯電話を販売する企業です。

例えば Vertu Ti の販売価格は約1万ドル(約95万円)。ディスプレイにサファイアクリスタルガラス・ボディにはチタンを使い、職人の手によって組み立てられます。

このように Vertu は、サファイアクリスタルガラスをディスプレイのカバーとして使う技術を既に持っています。Apple はそこに目をつけました。

記事によると、Apple は Vertu から人材を引き抜き、自社でも「サファイアディスプレイ」の開発に取り組んだものの、コストが高い・量産が難しいために断念したようです。

ちなみに、強化ガラスで有名なコーニングの「ゴリラガラス3」は、サファイアクリスタルガラスよりも少ないコストで量産できるのがセールスポイントになっています。

iPhone 5のレンズに採用済み

スマートフォンにサファイアクリスタルガラスを使うのは、その素材が非常に堅いからです。

そのため、既に Apple でも iPhone 5 のリアカメラの保護レンズに採用しています。

Vertu の社長が言及した「Apple による引き抜き」がいつごろの話なのかは、残念ながらインタービュー記事からは分かりません。

iPhone 5 が開発中の期間であれば、保護レンズに使う為にサファイアクリスタルガラスに詳しいエンジニアを必要としていたのかもしれません。

一方で、iPhone 5 発売後に引き抜きを行ったのであれば、iPhone 5S で搭載されると噂される「指紋センサーを内蔵したホームボタン」に使うためかもしれません。

(写真は現行の iPhone 5 にシールを貼ったもの)

AppBankホームボタン (4)


指紋の読み取り部が傷だらけにならないよう、タッチ式ホームボタンにはサファイアクリスタルガラスを使うのではないか?との噂が以前出ていました。

iPhone 5Sはタッチ式ホームボタンを採用? 指紋センサーも内蔵か。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!