ソニー、iPhoneに装着できるデジカメを近日発表? Wi-Fiで連携か。

AppBank の主任です。

SonyAlphaRumors によると、ソニーが革新的なデジカメを発表するかもしれません。

確認されているのは「DSC-QX10」と「DSC-QX100」。以下は SonyAlphaRumors に掲載された画像です。

DSC-QX


(画像引用元:(SR5) Hot! First images of the new DSC-QX10 and DSC-QX100 lens-cameras! | sonyalpharumors

普通のデジカメに見えますが、本体はレンズ部分のみ。その背後にある板状のデバイスはスマートフォンです。

このデジカメにはレンズ・センサー・SD カードスロットがあるものの、構図を確認できるファインダーがありません。

ファインダーを務めるのは iPhone などのスマートフォンです。Wi-Fi で iPhone と通信し、専用アプリを使って各種設定・構図の確認などが行えるようです。撮影した写真の転送も行えると思われます。

これまでは iPhone の背面カメラを活かしたレンズが販売されていましたが、このデジカメは iPhone のカメラに頼らず、独自のレンズ・センサーで撮影できます。

SonyAlphaRumors によれば、片方は DSC-RX100M2 と同様に2,020万画素の Exmor R センサー・カールツァイスのレンズを搭載しています。

もう片方のデジカメは DSC-WX150 と同様に10倍光学ズームが可能・1,800万画素のセンサーを搭載しているようです。

DSC-QX


(画像引用元:(SR5) Hot! First images of the new DSC-QX10 and DSC-QX100 lens-cameras! | sonyalpharumors

価格・正確な発表日は不明なものの、SonyAlphaRumors は9月4日発表ではないかと予想しています。

なお、ベースとなっている DSC-RX100M2 の価格は7万5,000円・DSC-WX150 の価格は250ドル(2万4,500円)ほどです。

参考(順不同)

ガジェット
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!