災害時にiPhoneで情報を集めるためのアクセサリーやアプリまとめ。

災害時に連絡や情報収集の手段として、iPhoneを活用するための便利なグッズやアプリを紹介します。

saigai


もうすぐ9月1日、防災の日です。災害がおきたとき、iPhoneで情報を正しく素早く手に入れるための方法をまとめました。

防災の日に合わせて、対策方法をあらためてチェックしておきましょう。

iPhoneでテレビやラジオの最新情報をゲットしよう

大きな地震や火災などがおきたとき、何より大切なのが情報です。
「何が起きているのか」、「どこに避難したらいいのか」など、最新の情報を伝えてくれるテレビやラジオがいつでも聴けるグッズやアプリを備えておきましょう。

iPhoneでフルセグTV見られるチューナー

furusegu_1


Lightningコネクタに挿し込み、専用アプリ『モバイルTV』を使うことで、フルセグTVが見られるようになります。
フルセグ放送は鮮明な画面なので、テロップの小さな文字まで読めます。

▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

すぐ映るワンセグチューナー

wansegu


ワンセグはフルセグTVより映像がすぐに映りやすいです。
その分画質は下がりますが、なにより画面が映ることを優先するならワンセグアクセサリーがオススメです。

▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

ラジオでチェック『radiko.jp』

radiko_jp_20140603
iPhoneのバッテリー消費がモバイルTVより少ないのがラジオの魅力です。

radiko.jpなら、無料アプリをインストールするだけでラジオがいつでも聴けます。

詳しくはこちらから。
radiko.jp: どこでもラジオが聞けて、番組放送前に通知もできるアプリ!


携帯電話会社が提供するサービスを使おう

携帯電話各社が用意している『災害伝言板』や『音声お届けサービス』を利用して、家族や親戚と安否確認が行えます。

必要なページをブックマークしておきましょう。

その他のネットサービスで最新情報をゲットしよう

情報収集をするのにインターネットをたくさん使います。
そんなインターネットを、災害時は無料で使える無線LANを使って行えます。

災害時限定の公衆無線LANの使い方を、こちらからチェックしておきましょう。
『大規模災害発生時における公衆無線LANの無料解放に関するガイドライン』(PDF)

ほかにもアプリで、いろんな情報をチェックできます。

『Yahoo防災速報』で災害発生をキャッチしよう

yahoosaigai - 01
Yahoo防災速報は、大きい災害だけじゃなくゲリラ豪雨や熱中症などの災害情報も、プッシュ通知でお知らせしてくれます。


『ゆれくるコール』で地震情報をキャッチ

20140115-yure - 10
ゆれくるコールは、地震情報にのみ特化したアプリです。

ゆれくるコールは、気象庁より配信される高度利用者向け緊急地震速報を利用しています。
このデータを元に設定した地域で設定した震度以上がくると予測されたら、「大きなゆれが◯秒後にくる」などの情報をプッシュ通知でお知らせしてくれます。


何事もなく過ごせるのが1番ですが、何か起きた時のために、iPhoneでできる災害対策をチェックしておきましょう。

その他の防災で役立つグッズ

1
スマホのバッテリー切れを防ぐ、大容量モバイルバッテリーのオススメ4選はこちら。

非常用持ち出し袋に入れておきたい大容量バッテリー4選!


GOALZERO Lighthouse - 01
こちらのアクセサリーは、手回し充電器がついているから電池もいりません。

[レビュー] スマホが充電できるLEDランタン『GOALZERO Lighthouse』! 手回し充電にも対応!!


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!