iOS 8のタイムラプス撮影は撮影時間に応じてフレーム数を変えていることが判明。

iOS 8の新機能「タイムラプス」は、頭がいいです。

141002_timeraps - 1


タイムラプスとは、複数の静止画をつなげて1本の動画にしたものです。

米ニュースサイト『9to5mac』は、iOS 8に搭載されているタイムラプス機能の仕組みを公開しました。検証の結果、iOS 8のタイムラプス撮影では、撮影時間に応じてフレーム数を調節していることが分かったようです。

タイムラプス動画はこちら

(参考:iOS 8 Time-lapse Test – 40 minute Recording Duration from Studio Neat on Vimeo

時間に応じてフレーム数を調整

撮影時間 フレーム数 実際の時間
10分未満 1秒に2フレーム 15倍速
10分〜20分 1秒に1フレーム 30倍速
20分〜40分 2秒に1フレーム 60倍速
40分〜1時間20分 4秒に1フレーム 120倍速
1時間20分〜2時間40分 8秒に1フレーム 240倍速

検証の結果、撮影時間に応じてフレーム数が減っていることが分かったようです。

10分未満の場合は1秒に2フレームを撮影(15倍速)、10分を経過したら、撮影された2つのフレームのうち1つを削除して、30倍速に変更するとのこと。iPhoneにそんな機能が隠されていたとは驚きです。

Appleの公式サイトには、「iOS 8が動的に選択された間隔で写真を撮影し、すべての作業をこなします」と書かれており、具体的なフレーム数については表記されていません。

タイムラプスの撮り方はこちら→【iOS 8】標準カメラでタイムラプス動画が撮影できるぞ! アップデートしたら試してみよう!

参考

The secret behind the time-lapse function in the iOS 8 Camera app | 9to5Mac

Apple – iPhone 6 – カメラ

iPhone 6に関するまとめ

iPhone 6、iPhone 6 Plusの最新情報はこちら
【完全版】iPhone 6、iPhone 6 Plusの情報まとめ!

iPhone 6を買ったらこのアプリを入れましょう!
iPhone 6や6 Plusを買ったら絶対に使いたい・遊びたいアプリまとめ!

iPhone 6、iPhone 6 Plusにおすすめのグッズはこちら
iPhone 6、iPhone 6 Plusのケース・グッズまとめ! どんどん追加中!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!