【2014年版】iTunesでiPhone/iPadをバックアップする方法

デザインが一新された iTunes 12 で、iPhone/iPad をバックアップする方法を紹介します。

バックアップ


iPhone/iPad が壊れたり、無くしてしまったりすると、その中にあるデータは取り戻せません。バックアップがあれば、それを新しい iPhone/iPad に復元できます。

万が一の事態に備えて、今回紹介する方法で iPhone/iPad をバックアップしましょう!

iTunes 11 をお使いの方はこちら。
iTunes 11でiPhoneをバックアップ・復元する方法(Mac編)
iTunes 11でiPhoneをバックアップ・復元する方法(Windows編)

iTunesでバックアップする

iPhone/iPad を USB ケーブルで PC と繋いだら、iTunes を起動します。設定によっては、iTunes が自動で起動することもあります。

iTunes ウィンドウの左上にある、iPhone/iPad のボタンをクリックします。

バックアップ


左側のメニューから【概要】を選びます。

バックアップ


次にウィンドウ右側にある「バックアップ」欄で、【このコンピュータ】が選択されていることを確認します。

バックアップ


準備ができたら、【今すぐバックアップ】をクリックしましょう。バックアップ作業が始まります。

バックアップ


バックアップされるデータ

iTunes を使う場合、iPhone/iPad で撮った写真・予定・メッセージ・各アプリのデータなどがバックアップされます。Apple が、以下のウェブページで詳しく紹介しています。

iTunes:iOS のバックアップについて – Apple

一方で、アプリによってはバックアップされないデータもあります。詳しくはアプリの開発元にお問い合わせください。

バックアップの暗号化

暗号化すると、メールアカウント・Wi-Fi ネットワーク・ウェブサイト・一部のアプリで入力したパスワードもバックアップされるようになります。

iTunes でバックアップする際に、【iPhone のバックアップを暗号化】にチェックを入れましょう。

バックアップ


パスワードを設定します。このパスワードを忘れるとバックアップを復元できなくなるので、要注意です。

バックアップ


バックアップから復元する方法

iTunes で【バックアップを復元】を選びます。

バックアップ


復元に使うバックアップを選べば、復元作業が始まります。作業中に iPhone/iPad は操作できません。

バックアップ


上記の通り、バックアップと復元はカンタンに行えます。いざという時に備えて、iPhone/iPad を定期的にバックアップしましょう!

参考

iTunes:iOS のバックアップについて – Apple

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ