iPhoneとGmail・Google カレンダーを同期する方法【2016年版】

iOS 10に対応したページを公開いたしました。
Gmail・Google カレンダーとiPhoneの同期方法【iOS 10】

(2016年10月24日 追記)

———

Google


iPhoneに初めから入っているメール・連絡先・カレンダー・メモアプリは、『Gmail』・『Google カレンダー』と連携できます。

設定すれば、Gmailに届くメールをiPhoneのメールアプリで受信したり、iPhoneのカレンダーアプリで追加した予定がGoogle カレンダーにも反映されたりします。

その設定方法をご紹介します。

Googleと同期する方法

まず、設定アプリの【メール/連絡先/カレンダー】→【アカウントを追加】を開きます。

Google


【Google】を選びます。

Google


メールアドレス(例:○○○@gmail.com)を入力して、【次へ】をタップ。次の画面ではパスワードも入力します。

Google


同期するデータをオンにして、【保存】をタップします。

Google


同期設定をチェックする

設定完了後に「アカウント」の欄にGmailが追加されていればOK。つぎに【データの取得方法】をタップしましょう。

Google


Google
「Gmail」が「フェッチ」になっていることを確認。

フェッチの場合、新着データを定期的にチェックします。チェックする頻度は画面下から15分・30分・1時間ごと、または手動(アプリを開いた時)から選べます。


メールアプリでの使い方

画面左上のボタンを何回かタップすると、画面はメールボックス一覧になります。【Gmail】でGmail宛に届いたメールを確認できます。

Google


メールを送る際は【差出人】に注目。メールを送るときのアカウントがGmailではない可能性もあるからです。2回タップするとメールアドレスを変えられます。

Google


カレンダーアプリでの使い方

画面下の【カレンダー】をタップしましょう。

Google


Google カレンダーが選択されていることを確かめます。

Google


初期設定をGoogleに変える

設定アプリの【メール/連絡先/カレンダー】にある、【デフォルトアカウント】・【デフォルトカレンダー】で、優先的に使うアカウントを選べます。

Gmail・Google カレンダーを優先的に使う場合は必ず設定しておきましょう。

Google


連絡先も同期する場合は、こちらの記事をご覧ください。
iPhoneの連絡先がバラバラに! まとめる方法&要チェック設定

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ