iPhone 8で防水性能が向上?

iPhone 7


『iPhone 7』でiPhoneは初めて正式に「耐水」になりましたが、今年発表のiPhone 8では水に対する耐久性をさらに高めた仕様になると噂されています。

iPhone 8はIP68仕様になる?

iPhone 7は「IP67」という仕様に準じた、耐水・防塵・防沫性能を持っています。iPhone 8ではこれが「IP68」になるとされ、耐水に関する等級が「7」から「8」になります。

具体的には、常温の水道水の水深1.5メートルに沈め、約30分後に取り出して通信機器としての機能を果たすかを試すテストに合格できるレベルです。

一方でiPhone 7は、常温の水道水で水の流れがない水深1メートルに沈め、約30分後に取り出しても通信機器としての機能を果たせるレベルとされます。

iPhone 8でもAppleの方針は変わらず?

iPhone 7はIP67仕様ですが、液体による故障は保証の対象外になることが明らかになっています。
iPhone 7の「耐水」を過信するべきではない理由

耐水性能が向上したとしても、Appleは保証に関する方針を変えることはなさそうです。

たとえiPhone 8がIP68仕様になったとしても「保証対象外」のリスクを避けるには、液体がかかる恐れがある場面では防水ケースを使った方が良いでしょう。

こちらもご覧ください。
iPhone 7・防水ケースでも◯◯には注意すべし!

参考

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 26.4 MB
・バージョン: 1.1.3
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ