3ヶ月で2,000人にフォローされた「一般人」にフォロワーを増やすコツを聞いてきた【インスタグラム】

mayu-1Top - 1


Instagram(以下インスタグラム)でたくさんフォロワーがいる人は、有名な人だけ。そんな風に思っていませんか?

インスタグラムでたくさんのフォロワーがいる人の中には、ちょっとした工夫でフォロワーをどんどん増やしている一般人もたくさんいるんです。

今年の8月頃から本格的にインスタグラムを始めたと言うまゆさん(@may_ugram)もその1人。

最初は100人ちょっとしかいなかったというフォロワーが現在は2,000人以上と急上昇中の彼女。投稿に対する「いいね」の数も200〜400とたくさんの方から反響があります。

読者モデルなどの経験は一切ないという「ただの一般人」まゆさんがどのようにしてインスタグラムでフォロワーやいいね数を増やしているのか。

現在フォトジェニックな壁をスマホで簡単に探せるアプリ「GENIC WALL」のアンバサダーも務めているまゆさんに、「フォロワーを増やすコツ」を聞いてきました。

ハッシュタグを真似るだけでフォロワーが増える

最初は鍵付きアカウントで、内輪なやり取りをするツールとしてインスタグラムを使っていたと言うまゆさん。インスタグラムを本格的に始めようと思ったきっかけは些細なことだったそう。

まゆさん:
インスタ映えで有名な東京のピンクの壁で写真を撮ったんです。その時は全然フォロワーとかいいねも意識していなくて。「いかにもインスタ!」という写真を1度撮影してみたいと思いまして。そしたら朝の某テレビ番組から「写真を使用してもいいですか?」と連絡が来て。

それで「私もインスタならいけるかも!」と思い投稿を意識するようになりました。

▽某テレビ番組から連絡が来たというピンクの壁投稿

ーーいきなりテレビっていうのはすごいですね!そこからすぐにフォロワーが増えたのですか?

まゆさん:
いいえ。テレビでアカウントを紹介してもらった訳ではないのでほとんど増えなくて。それから関西のインスタ映えスポット写真を投稿してみたんですけどやっぱり増えなくって。
そこでフォロワーが多い人のハッシュタグを1度全部丸パクリしてみたんです(笑)そうしたらいいねやフォロワーが増えてきて。「ハッシュタグ、来た!」って思いましたね。

見つけてもらえるハッシュタグを探す

それまでは商品の名前や場所の名前をハッシュタグに入れていただけというまゆさん。

フォロワーやいいねが多い人の投稿を見ていると、「投稿数がめちゃ多い訳じゃないけど、検索する人が多いハッシュタグ」が存在することに気がついたそう。

投稿数が多いハッシュタグだと埋もれてしまうので、「多すぎず、少なすぎず」のハッシュタグをつけることが大事なようです。

インスタグラマーの研究も大事

フォロワーが増え始めてからも、研究をかかさないまゆさん。
その他にやっているフォロワーを増やすコツを教えてもらいました。

まゆさん:
やはりフォロワーが多い人を研究するのは大事ですね。今私はフォロワー1万人を目指しているので、フォロワー1万人ぐらいの人の投稿をよく見るようにしています。

フォロワーが多すぎる人を真似してもあまり効果がないので、自分が目指している届きそうなフォロワー数の人を参考にした方が効果的だと思います。ただ、ひとりの人を見すぎてしまうとその人に影響されてしまうので、満遍なく色々な人を見るようにしています。

あとは、自分も他のインスタグラマーに「いいね」をたくさんするようにしています。「いいね」をするタイミングも考えながらやっています。

ーーいいねのタイミングまで考えるんですか?

まゆさん:
はい。「いいね」のタイミングはとても大事なんです。せっかく「いいね」をしても流れてしまっては意味がないですから。
投稿者が見てくれる可能性が高いタイミングで「いいね」をして、私の投稿を見てもらえるようにするんです。

お昼休みの時間帯や寝る前は「いいね」をしたら、フォローされることが多いですね。

ーーなるほど。そこまで考えているんですね。

いいねが増える投稿とは

ーーまゆさんのインスタグラムのテーマを教えてください。

まゆさん:
私にはスタイリッシュが似合わないので、ファッションで魅せるポップな投稿を心がけています。スタイルも良くないし、モデルでもないですが、「インスタスポット×ファッション」をテーマにした投稿なら私にもできるなと思って。

ファッションのコーディネートも、インスタスポットに合うものを考えてるんです。ネイルもインスタスポットに合わせたネイルをしています。

▽元々アパレル系の仕事をしていたまゆさんはフォトジェニックなスポットに合わせたファッションを考えるのが得意。

まゆさん:
あとは写真の世界観を統一するようにしていますね。私はハレの日以外写真を撮らないんです。雲の状態大事です。ポップで明るいスポットに合ったおしゃれなファッションの投稿を心がけています。

インスタスポットの見つけ方

ーーフォトジェニックなスポットはどうやって見つけるのですか?

まゆさん:
アンバサダーも務めている『GENIC WALL』のアプリをよく使います。ほかにもインスタスポットを探せるWebサイトを見ることはありますが、GENIC WALLには、ありきたりじゃないインスタスポットがたくさん載っているので。

インターネットで探しても載っていない「ここどこなんだろう」というレアな壁がたくさん載っていますから、ぜひGENIC WALLを使ってみてほしいです!

▽GENIC WALLアプリ内でもまゆさんの投稿が紹介されている。

mayu-1 - 1


インスタグラムでやってみたいこと

ーーまゆさんにとってインスタグラムはどのような存在ですか?

まゆさん:
日常の楽しみです。「ここで写真を撮ろう」と思うだけで楽しめます。
インスタありきでスケジュールを組んで服を決めて、写真を撮りに行くっていうのが楽しいんです。

ーー今後インスタグラムでやってみたいことはありますか?

まゆさん:
今はフォロワー1万人を目指してます。もっとフォロワーが増えてきたらビジネスにも興味があって。アパレルをやっていたのでファッションが好きで、インスタスポットで着る服のプロデュースとかやってみたいなと思いますね。インスタグラム経由で仕事を頂ければ嬉しいですが、今はまだフォロワーを増やしている段階です!

誰でもできることをコツコツと

フォロワー急上昇中の一般人「まゆさん」は研究熱心で行動力のある女性でした。検索してもらえるハッシュタグを考える、世界観を統一した投稿、いいねやフォローのタイミングの研究。ひとつひとつは簡単なことに思えますが、いざやろうとすると徹底的にやり続けるのはなかなか大変。でも誰でもできることです。

モデルや有名人ではない「ただの一般人」がフォロワーを増やすコツを少し学べたような気がします。

まゆさんのインスタグラムはこちら
@may_ugram

関連記事

インスタとは「お金のかからない最高の遊び」である 【インスタ女子を体験してみた】

GENIC WALL ・販売元: Green romp, Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 51.3 MB
・バージョン: 1.1.0
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ