今から始める『ポケモンGO』攻略【レイドバトル&ジムバトル編】


日本で『ポケモンGO(Pokémon GO)』がリリースされて、もうすぐ2年が経過しようとしています。

リリース当初から多くのイベントが開催され、大いに盛り上がった2年間でしたよね!

一方、トレーナーさんたちが盛り上がっている姿を見て「ちょっと興味はあるけど、今更始めてもついていけないかも……」と思っている方も多いはず。

しかし、『ポケモンGO』はいつ初めても楽しく、初心者と上級者の垣根がないゲームです!

そこで、これから『ポケモンGO』を始めようと思っている方、はじめたてのトレーナーさんが疑問に思いやすいことや、つまづきやすい部分を、1つ1つ数回に分けて解説していきます。(文:えだまめ)

※今回の記事は【レイドバトル&ジムバトル編】になります。カテゴリーごとに記事が分かれているので、ほかの記事もぜひご覧ください!

そもそもレイドバトルとは?

ゲームをプレイしていると、ジムの上に巨大なタマゴが出現しているのを見かけますよね。


このタマゴからは「レイドボス」と呼ばれる、強力な力を持ったポケモンが生まれます。このポケモンに挑むことを「レイドバトル」と言います。

レイドバトルは、基本的には複数のトレーナー(上限は20名)で行い、参加トレーナー全員で力を合わせてレイドボスとバトルをします。

レイドボスはゲットすることも可能

レイドボスを倒すことに見事成功すると「ゲットチャンス」に移行します。

ゲットチャンスで出現するのは、レイドボスとして登場したポケモンとなります。例えば、バンギラスとバトルをしたのであれば、そのままバンギラスのゲット画面に移行します。

レイドボスのレア度が高ければ高いほど、ゲットできる確率は低いですが、ゲットに成功すれば、いきなり強力なポケモンが手に入ってしまいます。

レイドバトルに挑むにはレイドパスが必要

強力なポケモンを1発ゲットできることもあるレイドバトルはとってもお得ですが、何度でも挑めるわけではありません。

レイドバトルに挑むには、1日に1枚だけジムから入手可能な「レイドパス」or100ポケコインで購入可能な「プレミアムレイドパス」が必要です。


レイドパスとプレミアムレイドパスは、レイドバトルを1回行うごとに1枚消費するので、無課金の場合は、基本的に1日1レイドのみとなります。

レイドバトルが開催されているのは朝5時~21時30分まで。場所は完全ランダム

レイドバトルはいつでも挑めるわけではなく、毎日朝5時~21時30分の間のみ開催されています。

ちなみに、レイドバトルが発生する場所と時間は完全にランダム。自分の挑みたいレイドボスに出会えるのは結構ラッキーなので、時間があれば多少遠くても挑戦したいですね!

タマゴの色と星の数で、強さを判別可能

ジムに出現しているタマゴには「ピンク」「黄色」「」の3色があります。

タマゴの色で、出現するレイドボスのレア度が判別可能なんです。

レイドボスは強さ別に★1~★5までわかれていて(★が多いほど強いです)、下記のようにグループ分けされています。

  • ピンク色のタマゴから出現→★1~2
  • 黄色のタマゴから出現→★3~4
  • 黒色のタマゴから出現→★5

ピンクと黄色の場合、タマゴをタップすることで、★がいくつ付いているのか見ることができますよ!

ちなみに黒いタマゴから生まれるのは、期間限定の伝説のポケモンになります。


出現するのはどれも超激レアポケモンなので、見つけたらぜひ挑んでみましょう! 強力な伝説ポケモンを手に入れる大チャンスですよ!

トレーナーレベルとポケモンの育成が進むと、ソロ(1人)での攻略も可能

レイドバトルへは、基本的に複数のトレーナーで1匹のレイドボスに挑むことになりますが、トレーナーレベルを上げ、ポケモンの育成をしっかりと行うと、ある程度のレベルのレイドボスまでならソロでの攻略も可能。

ソロ攻略可能なレイドボスの目安ですが、★3のレイドボスなら、トレーナーレベル32~3&適正ポケモン6匹くらいの環境を用意すれば勝てる可能性が高いです。

★1~2のレイドボスであれば、トレーナーレベル30前後&適正ポケモン5~6匹くらいの環境を用意すれば余裕を持って勝てるかなという印象。

適正ポケモンをどれだけそろえられるかで、かなり難易度が変わるので、チャレンジとして挑んでみるのも面白いですよ!

耐久力よりも攻撃力が大事

レイドボスとのバトルには制限時間が存在し、時間切れになると負けになってしまいます。

ちなみにですが★4までのレイドボスの制限時間は180秒、★5(伝説ポケモン)は300秒に設定されています。

時間内にHPを削りきることを重視したほうが撃破に成功しやすいので、耐久力よりも攻撃力を優先した編成で挑むことが重要。

回復アイテムの消耗は激しいですが、レイドボスに勝利さえすれば、回復アイテムがたくさんドロップしますし、負けてしまうとレイドパスが無駄になってしまうので、アイテムを惜しまず戦いましょう!

ハピナスはレイドボス攻略に不向き

レイドバトルでハピナスを使用しているトレーナーさんをよく見かけます。

ハピナスはCPがかなり高く強そうに見えますが、実は攻撃力は低いです。耐久力重視のポケモンなので、回復アイテムが少ない時に節約をしたい意図で使うのであれば大正解なのですが、勝ちにこだわるならレイドバトルでは使用しないのがおすすめ。

ジムバトルはレイドバトルと何が違うのか?

もう一つのバトル要素として「ジムバトル」があります。ジムで繰り広げられるバトルというところまでは、レイドバトルと同じですが、ジムバトルでバトルをする相手は、ほかのトレーナーが配置したポケモンになります。

トレーナーは、「ジム」にポケモンを配置することが可能。ポケモンが配置されると、ジムはそのトレーナーが所属するチームの色に変わります。

自分と同じチームのトレーナーがポケモンを配置しているジムor誰もポケモンを配置していないジムには、ポケモンを配置し、自分のチームの色にすることが可能

ジムには6匹までポケモンを配置可能

ジムに配置できるポケモンは最大で6匹。


なお、同じポケモンを複数配置することは不可です(色違いなど、見た目が違ってもNGです)。

やる気ゲージが重要

ポケモンの配置されたジムをタップすると、各ポケモンの上にハートマークが表示されています。これはポケモンの「やる気」を表していて、これが0になるとジムから除外され、持ち主のトレーナーの元に戻ります。


やる気は、時間経過やほかのトレーナーのポケモンに攻撃されると少しずつ下がっていきます

やる気が下がると同時にCPが低下し、より倒されやすくなるので注意。

やる気は、ジムに配置されているポケモンをタップして「きのみ」をあげると回復させられます(きのみをあげられるのは、同じチームのトレーナーのみ)。

ジムバトルで重要なのはパーティ編成

ジムバトルをこちらから仕掛ける場合、ポケモンを6匹まで連れて行くことが可能。しかし、闇雲にCPの高いポケモンだけ連れて行けば、有利というわけではありません。

ジムバトルで重要なのは、ジムに配置されているポケモンとの相性を考えたチーム編成となります。

このチーム編成のコツですが、苦労しそうな相手ポケモン対策のポケモンを2~3匹用意して、後のポケモンはなるべく攻撃性能が高いポケモンを選ぶことかなと思います。

苦労しそうな相手ポケモンの代表格ですが、個人的には「ハピナス」「カビゴン」「ギャラドス」あたりがおすすめです。

ハピナスとカビゴンの弱点である「かくとうタイプ」、ギャラドスの弱点である「でんきタイプ」の技を持ったポケモンをチームに編成しておくと、攻略がしやすくなるかなという印象。

余った枠には、自分が持っている最強のポケモンを編成しておくのがおすすめです。

▼慣れてきたら自分流のベストメンバーを編成してみよう! 5パーティまで登録できるので、何パターンか作っておくのもあり!


ほかのトレーナーと協力すれば、初心者トレーナーでも勝てる!

対策ポケモンを用意できても、トレーナーレベルが低いうちは、育成も思うように進まず、バトルに勝つのが難しいですよね。

ジムバトルは、ソロだけでなく、複数のトレーナーで挑むことが可能。

ジムのチーム以外のトレーナーなら、誰でもジムバトルに挑戦することが可能なので、例えば青チームのジムに挑む際、黄色チームと赤チームで協力してジムを攻略することも可能です(協力してジムを攻略した後は、そのチームの人とジムの取り合いになってしまいますが……笑)。

友達や家族など、同じチームの人とジムに挑めば、ジムを攻略した後すぐに、複数体のポケモンを配置することが可能なので、かなり有利ですよ!

ジムバトルをするとどんなメリットがあるの?

ジムバトルをするメリットは大きく分けて2つ。

経験値を入手できる!

配置されているポケモンを1匹倒す毎に100経験値、全滅させると追加で50経験値が入手可能。

6匹配置されているジムであれば、100×6+50の合計650経験値が入手可能です。

自宅がジムになっているトレーナーさんなどは、空き時間にジムバトルをコツコツやっていくことで、かなりの量の経験値を稼げちゃいますよ!

ポケコインが入手できる!

もうひとつのメリットは、本来なら課金をすることで入手するはずの「ポケコイン」が入手できてしまうというもの。

ジムに自分のポケモンを配置すると、10分ごとに1ポケコインが入手可能。1日に最大50コインまでという上限はありますが、積み重なればかなり大きいです!

なお、ポケコイン取得のタイミングですが、ポケモンのやる気が0になり、トレーナーの元に帰ってきたタイミングになります。

毎日コツコツ貯めておけば、イベントの時に課金アイテムを買ったり、ボールがなくなってしまった時に、ポケストップが近くになくても、ポケコインで補充するなんてこともできちゃいますよ!

筆者の友人の中には、無課金で4,000ポケコイン以上貯めているエリートトレーナーさんもいますよ(すごすぎる……笑)!!

『ポケモンGO』初心者おすすめ記事

AppBankでは『ポケモンGO』を今から始めたトレーナーやこれから始めるトレーナーの方におすすめの記事を公開しています。

Pokémon GO ・販売元: Niantic, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 254.3 MB
・バージョン: 1.79.2

© 2016-2018 Niantic, Inc. © 2016-2018 Pokémon. © 1995-2018 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

ポケモンGOの攻略まとめはコチラ!

ポケモンGOの「最新ニュース」や「最強ランキング」、「攻略情報」をまとめてチェックできるページです!必ずブックマークしておこう。 → ポケモンGO攻略・最新情報まとめ

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ