【ポケモンGO】3重耐性を持つポケモン一覧。ライコウやカイリキーを使うときは要注意?

もうすぐ『ポケモンGO(Pokémon GO)』には、対人戦機能である「トレーナーバトル」が追加されます。

トレーナーバトルの予習として、単体タイプ同士の相性についてや、複合タイプの場合の相性やダメージ計算の方法などを解説してきました。

今回の記事では、複合タイプについての記事内で少し触れた「3重耐性」を持つポケモンを一覧で紹介します。(文:えだまめ)

そもそも3重耐性って?

ポケモンには様々なタイプが存在しますが、原作ゲームにおいて「効果がないみたいだ…」と表示され、ダメージが全く与えられない組み合わせのタイプが幾つか存在します。

具体的には以下の通り。

  • 「ノーマル」で「ゴースト」に攻撃
  • 「でんき」で「じめん」に攻撃
  • 「かくとう」で「ゴースト」に攻撃
  • 「どく」で「はがね」に攻撃
  • 「じめん」で「ひこう」に攻撃
  • 「エスパー」で「あく」に攻撃
  • 「ゴースト」で「ノーマル」に攻撃
  • 「ドラゴン」で「フェアリー」に攻撃

この組み合わせを『ポケモンGO』で行うと、無効化はされないものの、通常の「効果はいまひとつだ…」よりもダメージが軽減される「2重耐性」という扱いになります。

この2重耐性に、複合タイプの組み合わせによって「効果はいまひとつだ…」が重なると「3重耐性」となり、さらにダメージを軽減されてしまいます。

具体的には6割ほど軽減されると言われていて、ゲージわざを使用してもほとんどダメージが与えられなくなってしまいます。

3重耐性を持つポケモンは全30種

現在『ポケモンGO』内に実装されているポケモンの中で「3重耐性」を持っているのは全部で30種類。

3重で軽減できるタイプごとの一覧で紹介します。

でんきタイプに対して3重耐性を持つポケモン

  • ビブラーバ
  • フライゴン
  • ドダイトス

かくとうタイプに対して3重耐性を持つポケモン

  • ゴース
  • ゴースト
  • ゲンガー
  • ヌケニン
  • フワンテ
  • フワライド

どくタイプに対して3重耐性を持つポケモン

  • ハガネール
  • ココドラ
  • コドラ
  • ボスゴドラ
  • アローラディグダ
  • アローラダグトリオ

じめんタイプに対して3重耐性を持つポケモン

  • バタフリー
  • ストライク
  • レディバ
  • レディアン
  • ハネッコ
  • ポポッコ
  • ワタッコ
  • ヤンヤンマ
  • アゲハント
  • アメモース
  • テッカニン
  • トロピウス

ゴーストに対して3重耐性を持つポケモン

  • アローラコラッタ
  • アローララッタ

ドラゴンに対して3重耐性を持つポケモン

  • クチート

筆者的、特に注目のポケモン!

3重耐性をもつポケモンの中で「トレーナーバトル」実装後に特に確約しそうなポケモンを紹介します。

※ここからは筆者の考察なので、参考程度にご覧ください。

フライゴン

フライゴンは「じめん」と「ドラゴン」タイプを持っていることから、「でんき」タイプに対しての3重耐性を持っています。


ゲージわざに「じしん」、通常わざも「マッドショット」を持っているため、でんきタイプでよく使われるであろう「ライコウ」「サンダース」「デンリュウ」に対して相当強いアタッカーとなり得るので、対策ポケモンとして育てておくのはアリ。

ただ、ひこうタイプを含む「サンダー」に対しては不利になってしまうので注意。

ダメージを軽減されづらい「ドラゴン」タイプのわざも使えるので、でんき対策に編成しつつ、普段はドラゴンタイプで等倍攻撃するという立ち回りがよさそうですね!

ドダイトス

ドダイトスは「くさ」と「じめん」タイプを持っていることから、「でんき」タイプに対しての3重耐性を持っています。


上記のフライゴンと同じように、ゲージわざに「じしん」を持っているので、同じようにでんきタイプ対策が可能。

フライゴンと違う点は「いわ」「じめん」に対して耐性を持っているという点。

でんきタイプに加えて「グラードン」「ゴローニャ」「バンギラス」「ドサイドン」あたりに「ソーラービーム」で対策できる点が大きいですね。

ゲンガー

ゲンガーは「どく」と「ゴースト」タイプを持っていることから「かくとう」タイプに対しての3重耐性を持っています。


かくとう」タイプに対して有利なタイプのわざは使えません(過去に捕まえたゲンガーであれば、サイコキネシスを覚えている可能性はありますが)が、「ハピナス」や「ラッキー」や「カビゴン」などの耐久ポケモンの対策として、編成されている可能性が非常に高い「カイリキー」を確実に潰せるという点が魅力。

トロピウス

トロピウスは「くさ」と「ひこう」タイプを持っていることから「じめん」タイプに対して3重耐性を持っています。


最大CPは低いですが、HPのステータスが非常に優秀なため「スーパーリーグ」での活躍がかなり期待できます。

3重耐性をもちつつ「リーフブレード」でじめん対策が可能な点が優秀。相手パーティに編成される可能性の高い「かくとう」タイプのポケモンも「つばめがえし」で弱点をつけるので、実は隠れた優等生ですよ。

3重耐性を持つポケモンは特定のポケモンに対して非常に尖った性能を持っているので、使いこなせれば相当強いです!

ガチンコバトルの「マスターリーグ」ももちろん楽しみですが、より戦略や知識や判断力が求められそうな「スーパーリーグ」「ハイパーリーグ」が個人的にはかなり楽しみ!

普段使わないポケモンを育成するためにも、今から大量のほしのすなを集めておきたいですね!

関連記事
【ポケモンGO】タイプ相性について解説! 弱点を覚えてトレーナーバトルを有利に進めよう【単体タイプ編】
【ポケモンGO】複合タイプの相性について解説! ダメージ計算を覚えてさらにバトルを有利に進めよう
Pokémon GO ・販売元: Niantic, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 277.6 MB
・バージョン: 1.97.1
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© 2016-2018 Niantic, Inc. © 2016-2018 Pokémon. © 1995-2018 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.


『ポケモンGO』記事に関するリクエスト募集!

ポケモンGO』に関する質問や調査・検証してほしいことなど、リクエストを募集中! 「こんな記事が見てみたい!」「これってどうなるの?」など、記事にしてほしいことがあったらリクエストをお願いします!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ