【ポケモンGO】耐性の多いはがねタイプが“壁役”におすすめ! シールドを節約してトレーナーバトルを有利に進めよう

ポケモンGO(Pokémon GO)』で大盛り上がり中の「トレーナーバトル」。

トレーナーバトルを制するには、攻撃力の高さや技の組み合わせなどが重要ですが、さらに重要なのはタイプ相性です。

タイプ相性を覚えていれば、有利に攻撃もできますし、相手のポケモンの使ってくる技をある程度予測し、その技に耐性を持ったポケモンと入れ替えることでダメージを抑えるというのも可能。

しかし、トレーナーバトル開始直後は、相手がどんなポケモン繰り出してくるか全くわからないため、対策のしようがないですよね。

そこで、耐性が多く、防御やHPが高いポケモンを1匹目に編成すれば、相手の動きを見てから対策を立てることが可能なのではないでしょうか。

というわけで、今回の記事では耐性が多く耐久力が高い「壁役」になりそうなポケモンを何匹か紹介します。(文:えだまめ)

耐性の多いタイプベスト3

まずは耐性の多いタイプを紹介します。

・1位:はがねタイプ

「ノーマル」「くさ」「こおり」「どく」「ひこう」「エスパー」「むし」「いわ」「ドラゴン」「はがね」「フェアリー」の11種類に耐性を持つ。

・2位:ほのおタイプ

「ほのお」「くさ」「こおり」「むし」「はがね」「フェアリー」の6種類に耐性を持つ。

・3位:どくタイプ

「くさ」「かくとう」「どく」「むし」「フェアリー」の5種類に耐性を持つ。

はがねタイプを軸に考えると耐性が多くなりやすい

上記の通り、はがねタイプは耐性が非常に多いことがわかります。

なので、はがねタイプを1匹目に編成すれば、ダメージを軽減できる可能性が高まり、もしかしたら有利にバトルを進めることができるかも…?

しかし、対策を取られてしまうと一気に不利になってしまうので、はがねを含む複合タイプで考えるのが現実的。

はがねタイプを含むポケモンのCP一覧

・第1世代

ポケモン名 最大CP
コイル 1,362
レアコイル 2,485

・第2世代

ポケモン名 最大CP
フォレトス 2,282
ハガネール 2,414
ハッサム 3,001
エアームド 2,108

・第3世代

ポケモン名 最大CP
クチート 1,634
ココドラ 1,307
コドラ 2,056
ボスゴドラ 3,000
ダンバル 976
メタング 1,721
メタグロス 3,791
レジスチル 2,447

・第4世代

ポケモン名 最大CP
エンペルト 2,900
ルカリオ 2,703

・アローラ+メルタン

ポケモン名 最大CP
アローラサンド 1,293
アローラサンドパン 2,432
アローラディグダ 690
アローラダグトリオ 1,915
メルタン 1,080
メルメタル 3,875

こうしてみてみると、CPを2,500前後に調整可能なポケモンが多い印象。特にハイパーリーグで活躍できそうなポケモンが多いですね。

筆者おすすめの壁役ポケモン一覧!

筆者が選ぶ、1匹目に編成するのがおすすめの壁役ポケモンを紹介します。

ルカリオ

大人気ポケモンの「ルカリオ」はかなりおすすめです!


これまではゲージ技に恵まれずあまり活躍の場がありませんでしたが、「サードアタック(2つ目のスペシャルアタック)」が使用可能となったことで、かなり活躍の場が広がりました。

相手もはがねタイプのポケモンを出してきた場合でも「インファイト」で弱点をつくことが可能ですし、「メタグロス」などのかくとうタイプにある程度の耐性を持った苦手なポケモンにも「シャドーボール」で大きなダメージを与えることが可能。

攻撃力がそこそこあるので、様子を見つつも、相手を十分に倒すことが可能な優秀なポケモンです。

メタグロス

ジムバトルやレイドバトルでも大活躍中の「メタグロス」もかなりおすすめ!


元々の防御ステータスの高さと、豊富な耐性のおかげで、かなりの耐久力を持ち、「コミュニティ・デイ」で入手した個体であれば「コメットパンチ」を持っているので、火力も申し分なし!

「ほのお」「じめん」「あく」が弱点なので、対策をされやすいというのが欠点。

しかし、1匹目に耐久型のポケモンを編成したい気持ちは相手も同じ。睨み合いになっても火力で押し切ることが可能なので、1匹目に編成するのがかなりおすすめのポケモンです。

レジスチル

これまで活躍の場がなかった「レジスチル」についに出番が!


レジスチルは、全ポケモンの中でもトップクラスの防御力を誇り、HPもそこそこ高いため耐久力に優れています。

最大の利点は、捕獲時CPが1,500以下の場合がほとんどなので、伝説ポケモンの中ではかなり珍しく「スーパーリーグ」で活躍させることが可能というところ。

はがねタイプへの対策をしているパーティは苦手ですが、様子見のポケモンとしては十分にアリですよ!

ハガネール

地味にジム置きポケモンとして人気だった「ハガネール」はトレーナーバトルでも活躍します。


ハガネールは上記で紹介した3匹よりも比較的作りやすく、「じしん」によってはがねタイプへの対策が取れるのが強み。

攻撃力はそこまで高くないので、相手を倒すことは少々難しいですが、様子見の1体目としては十分に活躍しますよ。

かみくだく」も覚えるので、意外と小回りが効くというのもおすすめポイント!

シールドの節約につながる

これらのポケモンで相手の攻撃を低いダメージに抑えることで、後半戦までシールドを温存しておくという戦略も可能。はがねタイプポケモンで耐久している間に相手がシールドを使ってくれれば、さらに有利にバトルが進められるかも?

奥深すぎるトレーナーバトル。ほしのすなやポケモンのアメがたくさん必要になるので、12月19日~1月2日まで開催される「PokémonGO ホリデー」のイベントで育成をガンガン進めちゃいましょう!

Pokémon GO ・販売元: Niantic, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 286.2 MB
・バージョン: 1.99.1
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© 2016-2018 Niantic, Inc. © 2016-2018 Pokémon. © 1995-2018 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.


『ポケモンGO』記事に関するリクエスト募集!

ポケモンGO』に関する質問や調査・検証してほしいことなど、リクエストを募集中! 「こんな記事が見てみたい!」「これってどうなるの?」など、記事にしてほしいことがあったらリクエストをお願いします!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ