アップルは$99iPhoneを発売するの?その通り!

Will Apple Sell A $99 iPhone Next Year? Yes (AAPL)にて「アップルは$99iPhoneを発売するの?その通り!」という記事がありました。



記事より、世界ナンバー2のSamsungを超えるにはiPodファミリーのような、たとえば$99から$299レンジでiPhoneをリリースしていく戦略が要るだろう。来年の中頃には現行機種を$100以下で販売し、$299の高位機種(これはピンク、青、紫などの色選択が豊富、そして32ギガバイトの容量、さらなる機能)を販売することが良いのではないか。

Gene MunsterのPiper Jaffray はこのことについては何ヶ月も話しており、次は3GやGPS機能を外した低価格モデル、材質・デザインともにより先鋭的な高位機種を販売すべしと発言している。

基本的にはこの発言に賛成だが、とはいえ、現行のiPhoneより機能の劣るものを新しくリリースするとも思えない。iPod nanoがiPhoneに適用されるかといえば難しいだろう。現行のiPhoneを$100以下にしてさらに多くのiPhoneを売ることにしたほうが現実的だ。

注意点としては、iPhoneの価格を下げたとしてもAT&Tの料金が下がることはない。最低でも月$70、これは平均的な携帯電話料金より40%も大きい。けれども、T-mobile G1がこれより安いかもしれないが、だからといってiPhoneを購入したいという人に影響を与えるかといえばそうでも無いとも思える。

この前の4Q発表時にスティーブジョブスネットブックは出さないと発言していましたが、このジャンルに興味がないわけではないという意味合いのことをいっていましたがそれがこの低価格iPhone発売ということなのでしょうか?

Android携帯の料金プラン参考:「T-Mobile G1」は中身で勝負–初の「Android」携帯が持つ可能性:モバイルチャンネル – page2 – CNET Japan

特にT-Mobileの積極的な価格構成により、G1がiPhoneと互角に張り合えるかもしれない。2年契約付きで179ドルで販売されるG1では、契約者は2つのサービスプランから選ぶことができる。いずれのプランも音声プランへの契約が必要だ。月額料金が約35ドルの最も基本的な音声プランでは、月25ドルの追加、すなわち合計60ドルの月額料金で、無制限のウェブ閲覧と400通のテキストメッセージの送受信が可能になる。また、35ドル追加した場合、合計70ドルの月額料金で、無制限のウェブ閲覧と無制限のテキストメッセージの送受信が行える。

 この契約は、音声サービス、無制限のインターネット利用、メッセージングなしで70ドル以上するAT&TのiPhone向けプランを意識している。AT&Tの契約者がテキストメッセージを利用したい場合、さまざまな追加料金プランから選べるが、無制限のテキストメッセージプランの場合、月20ドル以上かかる。T-MobileのG1ユーザーの月70ドルと同様のサービスプランをAT&TのiPhoneで利用しようとすると、合計約90ドルの月額料金が必要になる可能性が高い。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!