iPhone ゲーム市場はアーケードゲームに似ている。【その3】

12月某日、横浜中華街のとあるお店で appbank 主催の忘年会イベント「ぶっちゃけ iPhoneゲームどうよ」のログその3をお届けします。

その2はこちらから。
スクウェアエニックスのiPhoneゲーム観、ブランド構築。【その2】

前回はスクウェアエニックス社のiPhoneゲーム観を中心にお届けしました。今回は各社入り交じって、iPhoneゲームに作りについての大混戦が始まりました。

注、参加された中には名前を明かすことができない方が複数いましたので、そちらの方の名前は全てXとして混乱するように表記していることをご理解ください


iPhone ゲーム市場はアーケードゲームに似ている。

(Xさんは複数います。文脈的におかしくなることもありますが、事情をご理解ください。)

appbank
大手のやり方、重厚長大ならではといった話がでましたが、X社さんはどうでしょう?


X
今までの話を聞くと、僕らはちょっと違うなというのが正直あって、というのも僕自身がアーケード上がりというのがある、、私たちの会社はそもそも「グローバルに売れないものは作ってはいけない」という不文律があるのです。業務用で売る時は全世界で売っているので、そもそも日本でしか売れない物は作っては行けないということはありますね。

携帯電話、iPhone はアーケードゲームの市場に近いという感覚があります。全然ゲームをやらない人が街中でふらっとゲームセンターいく。全然ゲームをしない人でもパンチングゲームくらいはする。それじゃあビデオゲームをやるか、そんな流れでファミコンなどの家庭用ゲームで遊ぶようになった流れがある。その後コンシューマーゲームがビデオゲームを逆転するまでになった。

いわゆる家庭用ゲーム機で遊ぶ人をゲーマーと呼び、そしてゲーム会社も彼らをメイン顧客としてとらえるような流れになってきていた。そんなところで、携帯電話でゲームをする一般の人が生まれてきた。どんなゲームがあるか分からないのに、数万円も払うわけにはいかないので、ゲーマーとそうでない人の敷居は存在していた。ゲームをやらなかった人にまで携帯電話はゲームを提供している。そういう所がゲームセンターに似ている。

携帯電話は逆に、非ゲーマーをゲーム機購入に導く良いきっかけと考えることもできる。


yudo
よく iPhone ゲームを缶ジュースに例える人がいますよね。それもアーケードのゲームをやることにも似ていると思う。


X
iPhone って iTunes ベースの所があるのでゲームよりも音楽に興味がある人が多いと思うんですよ。そんな人たちが興味を持ってくれるようなゲームって何だろうって考えながらやっていかないとと思っていますよ。

さっき海外ではノーブランドでいけるという話がありましたが、アーケードゲームにもそういう所はあってアーケードゲームは完全にノンブランドなんですよ。ゲームもタイトルバイタイトルでしかない所があり、どの会社が出しているかは関係ないですよ。


appbank
アーケードゲームに似ているという中でX社さんは何をしているかをもう少し教えて欲しい。


X
ゲームのデザインをする時に、ドメスティックな状態のものが出た時にはそもそも、我々開発陣の基準からNGがでます。キャラのデザインをする際、日本風なキャラを作る時には、日本の漫画調が好きな人もアメリカのコミック調の物が好きな人も、どちらの人種も納得のいくようなキャラを、、


appbank
ディズニーじゃないですか。


X
そうでないとOKが出ない。


appbank
その目は全社的に持っているのですか?


X
そうなるように社員が育っていきますね。部内の会議でNGが出ます。

(この後NGエピソードのため大幅に省略)


yudo
自分は元セガ、自分がいたころのセガは「俺らがかっこいいと思う物が、ゲーム業界でも一番かっこ良く、結果、世界でも一番かっこいい」というDNAだった。だからグローバルかどうかという開発会議も無かった。当時はそうだった。

(この後もNG)


yudo
マリオも元々は世界中に売れようと思って作っているわけじゃないのだから、ドメスティックを結果として志向していたとしてもうまくいくんじゃないかな。


スクエニ
iPhoneだったらチャレンジできる、フットワークが軽いといったメリットが絶対にある。クリエイターの作りたいものを作って挑戦できる。チャレンジのためにはiPhoneは最適の場所。

(ここからX氏から完全NGの話題が振られたためカット)


EAやGameloft のように数を出せないのか?

メディアの参加者より質問
EAとかゲームロフトさんは数多くゲームを出している。彼らの勢いを見ていると消費者として、他のゲーム会社さんもあれくらいできないのかと単純に思っちゃいます。


X
推測するに、彼らはモバイル専業の会社を持っていてゲームを作っている。海外のモバイル専業の会社は他の携帯電話でやるよりも iPhone でやった方が条件面で全然儲かる、3割アップルにもっていかれても、他と比べれば全然おいしいし、300機種も対応しなくて良いので、ビジネスとして行けるというのがあるのではないか。

日本の会社だったら、携帯電話でやった方が条件的にも良く、iPhoneは日本では厳しいなという部分もある。だから日本のゲーム会社からすると、iPhoneは面白いからやる。楽しいからやる。注目されてるからやっているという姿勢があるのではないか。


appbank
彼らはビジネスでやっているのですか?


X
彼らはビジネスとしてやっている。他の携帯電話よりは儲かるし、それが生き残る道でもあるから。


スクエニ
僕らはチャレンジできると思ってやっている。それこそUI、テーマ、キャラクター、とにかくいろんな挑戦ができる。お客さんの反応も直接やってくる。こんなプラットフォームは他にはないから、やりがいがあるという意味でやっている部分はある。


yudo
コストの話に戻ると、コンシューマーの会社の場合、優秀な人材1人2人に一気に作らせるということができない。なぜなら優秀な人材ならコンシューマーゲームの開発をしてもらうのが当然だから。プログラマーだったら、なんでこんな優秀なやつに iPhone を覚えさせるの?もっとやってもらわないといけない言語たくさんあるでしょという話だと思います。

新しい市場に興味がある優秀な人だったら、その会社を抜けてやるしかないだろう。


X
話を戻すが日本の会社である以上、日本の市場に頼らなくてはいけない。けれども日本は世界のシェアの5%程度でしかも厳しい。その状況で、エースプログラマーが iPhone やりたいんですけど。なんて言ったらそれは問題になるだろう。。。

appbank
バンダイナムコさんが来たので一旦休憩にしましょう。


その4に続きます。といいたい所ですが、一旦休憩。続きは来週公開します!


ご感想お待ちしております!(twitterのログインが必要になります)
年末イベント「ぶっちゃけ iPhone ゲームどうよ。」のスレッド:iPhoneBBS



このイベントで発言された iPhone ゲーム一覧。
ゼペット
iYamato : 敵弾雨あられ、戦艦大和の勇姿に誰もが熱くなれる哀しみのシューティング。765



yudo
Matrix Music Pad : 指でなぞるだけで、多彩な音楽を紡ぎだせる iPhone楽器アプリ。1442

ファミコン的音源作成アプリ8bitone の基本的な使い方の説明動画。【本邦初、イースター公開】1312



スクウェアエニックス

ソングサマナー 完全版: スクエニが本気で作った、iPhoneでしか遊べないRPG。1884

国破れて山河あり: iPhone最高のRTS!無料版もありスクエニファンは絶対遊ぶべきアプリ!1824

Crystal Defenders: スクエニのクリスタルディフェンダーズver 2.0は、攻略したいと思わせるほど楽しくなった。317



バンダイナムコ

ACE COMBAT Xi Skies of Incursion: 大空の激戦!これがエースコンバット for iPhone だ!! 1889

PAC-MAN Championship Edition: 大ヒットを飛ばした究極のパックマン!リリース目前紹介。

塊魂モバイル : ナムコの塊魂 for iPhone、殿堂レベルまでやっとこさ仕上がったよ。166


AppBank.netのビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 64.7 MB
・バージョン: 2.0.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!