[iPad] Wondershare iDraft: まだ手書きメモを使ってないあなたへ。無料のうちに、試しにどうぞ!1974

iDraft


Wondershare iDraftの3ポイント紹介

・手書きメモアプリ
・機能:太さを調整できる8色の筆+消しゴム
・メモ作成日が自動保存

人気“手書きメモ”アプリPenultimateにも似ている、Wondershare iDraftをご紹介!

機能はとてもシンプル。「太さを調整できる8色の筆」で書き、「消しゴム」か「戻る・進む」で消す。以上!

ページは何ページにも増やせます。メモを保存する時は「名前」「最終更新日」「ページ数」そして「画像」を設定することが出来ます。

それではアプリを見ていきましょー!


Wondershare iDraft

起動しました。新しいメモを作成するためには、左下の「New」をタップします。

iDraft


メモには「名前」と「写真」を設定できます。

iDraft


三枝こころさんの写真を設定してみました。

この「写真」ですが、カンファレンスメモをとるのであれば、カンファレンスの様子を「写真」に設定するといった使い方が出来そうです。

iDraft


さて、早速メモを開始しました。指をスライドする速度で線の太さが変わります。

iDraft


選択できる色の数は8色!加えて、線の太さも設定できます。

iDraft


こんな感じです。

iDraft


左下タップで、写真アルバムに保存したり、メールでおくったりすることができます。単一ページをメールする際は画像データ、複数ページをメールする際はPDFで送付されます。

iDraft


複数ページにわたってノートを取ることができます。

iDraft


縦ももちろん使えます。メモすることを考えると、縦の方が画面を広く使えそうです。

iDraft
iDraft


いかがでしたでしょうか?

機能としてはかなりさっぱりしていてやや物足りない所もあるかもしれませんが、現在(10年7月21日)は無料!とりあえず試してみても損はないと思います!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!