iPhone 4S で「不正な SIM です」と表示される問題に効くかもしれない8つの対処法

iPhone 4S が発売されてから SIM カードにまつわる問題が増えています。特に多いのは「不正な SIM です」と表示されるケースです。au/Sotbank 問わずに発生します。

このメッセージが表示されると SIM カードを使った機能、通話や 3G/CDMA 回線を使ったデータ通信が行えなくなります

現時点で Apple はこの問題について原因・対策を公開していません。そこで今回はこの現象に効果がありそうな対処法をいくつかご紹介します。

はじめにお読みください

現時点でこの「不正な SIM です」と表示される問題について Apple は公式に原因・対策を公開していません

よって、以下でご紹介するいずれの対処法も、この問題本来の原因を解決するものではない可能性があります。また、ご使用の環境によっては効果がない可能性もあります。

しかし、いきなりサポートセンターにこの問題について問い合わせを行っても、スムーズな対応を受けることはできません。地道に問題の原因と思われる部分を確かめ、原因ではないことが分かった時に、初めてスムーズにサポートが受けられます

対処法の中には iPhone 内部のデータ・アプリ・設定などを削除してしまうものもあります。対処法をお試しになる場合は iTunes でバックアップを作成してください


対処法-1:アップデートを実行する

2011年の12月に、この問題に対処したと思われる iPhone 用 iOS のアップデートが公開されています。しかし、このアップデートは通常の方法では適用されません。

以下の記事で、このアップデートを適用する方法をご紹介しています。

「SIMカードが挿入されていません」問題を解決するiOSアップデートが公開されました。

なお、このアップデートを適用後もこの記事で取り上げている現象が発生しているとの報告があります。


対処法-2:iPhone を再起動する

iPhone を再起動することでこの現象が発生しなくなる可能性があります。

しかし、インターネットで報告されている事例の多くは、再起動によって起きてしまった現象は解決できるものの、この現象が起こること自体は防げないとしています。

アプリを終了させる方法は以下の記事でご覧ください。

「マルチタスク機能」の使い方。動作が重い時の対処法など。

  1. アプリをすべて終了する
  2. iPhone 右上の電源ボタンを長押し
  3. 画面上部の赤いバーをスライドさせる
  4. しばらく待つ
  5. ホームボタンを押してもロック画面が表示されないことを確認する
  6. 電源ボタンを押す


対処法-3:SIM カードを確認する

SIM カードそのものに問題があるかもしれません。よって、ここでは iPhone から SIM カードを取り外し、異常の有無を確認します。

Apple が公開している、以下のウェブページを参考に SIM カードを取り出します。

精密な部品なので iPhone の電源を完全に切った上で作業を行ってください。静電気によって故障する可能性もあるので、金属板に触れる・手を洗うなどして静電気を除去してから作業を行った方が良いでしょう。また、接触端子部分には触れないでください。

iPhone、iPad、または iPod touch を修理に出す際の準備

取り出したら、SIM カードの端子部分に異常、具体的には端子部分が汚れていないか、変色していないかをチェックしましょう。もし、異常がなければ元に戻します。


対処法-4:設定をすべてリセットする

iPhone の設定をリセットすることで通話・データ通信に関する設定もリセットされ、現象が発生しなくなる可能性があります。

この対処法を実行すると Wi-Fi ネットワークや明るさなどの設定がリセットされます。よって、これを実行する前に iTunes でバックアップを作成することはもちろん、設定をメモなどに書き残す必要があります。

  1. 設定アプリを開く
  2. 【一般】をタップ
  3. 【リセット】をタップ
  4. 【すべての設定をリセット】をタップ


対処法-5:初期化してバックアップから復元する

iPhone をいったん工場出荷時の状態に戻し、iTunes/iCloud を使ってバックアップから復元する方法です。これによって SIM カードが復元後の iOS で改めて認識されるため、問題が解決する可能性があります。

  1. PC に接続して iTunes を使ってバックアップを作成する
  2. 設定アプリを開く
  3. 【一般】をタップ
  4. 【リセット】をタップ
  5. 【すべてのデータと設定を削除する】をタップ
  6. 【iPhone】と描かれたロック画面が表示されるまで待つ
  7. セットアップを行う
  8. PC に接続して iTunes を使ってバックアップから復元する


対処法-6:初期化して環境を構築し直す

対処法5と同じ方法で初期化してその後、バックアップから復元しない方法です。

この方法ではアプリやデータ・設定といった要素は以前の状況に戻りません。そのため、非常に時間を要しますが、最初から環境を構築し直す必要があります。

また、復元しないのでアプリに保存されているデータ(例:ゲームのスコア)は失われてしまいます。iTunes を使ってファイルがやり取りできるアプリについては、それらのファイルを事前に PC にコピーしておく必要があります。

設定については対処法4と同様に、メモに書き残すなどしてバックアップしておきます。

カレンダー・連絡先・メモ・リマインダーについては iCloud で同期しておき、初期化後に iCloud との同期設定を再び行うことで復元できます。


なぜ初期化を勧めるのか

iPhone にまつわる問題でどうしても解決しないものである場合は初期化する、つまり何も問題が確認されなかったはずの工場出荷時の状態に戻すと解決することがあります。

よって、この初期化という作業をしたかどうかは、必ずと言ってよいほどサポートを受ける・サポートセンターに問い合わせた際に尋ねられます。

もし、初期化に効果がなかったとしてもその「効果がなかった」という事実が重要です。この事実がなければ踏み込んだ対応は期待できません


サポートに問い合わせる前に

以下の記事で、サポートセンターに問い合わせる上で気をつけたい・準備しておきたいことをまとめてご紹介しています。ぜひこちらもチェックしてください。

サポートセンターに問い合わせる前に準備しておきたい・気をつけたいこと

また、今回の現象は iPhone の個体差によって発生する場合としない場合があります

よって、サポート窓口に相談する際には、対処法1から6の内容とそれを実施したことを告げましょう。これを行うことで対応がよりスムーズになる可能性があります。


対処法-7:ショップや携帯電話会社のサポート窓口に相談する

これまでご紹介した対処法を試されても問題が解決しなかった場合は、まず携帯電話会社の系列ショップやサポート窓口に相談しましょう。

最初に Apple に問い合わせない理由は、SIM カードを発行・管理しているのは携帯電話会社だからです。よって、まず最初に携帯電話会社・系列ショップに問い合わせます。

携帯電話会社の問い合わせ先は以下のウェブページからご確認ください。

お客さまサポート | iPhone | au

iPhone 4S / 4:お問い合わせ | ソフトバンクモバイル


対処法-8:Apple のサポート窓口に相談する

携帯電話会社に問い合わせても問題が解決しなかった場合、次に問い合わせるのは Apple のサポート窓口です。

直接 Apple Store の Genius Bar に持ち込むのも良いですが、まずは Apple のサポート窓口に問い合わせて症状を確認してもらってからの方が何かとスムーズです。

以下のウェブページから問い合わせが行えます。

Apple – サポート – iPhone – 連絡先


修理・交換対応になったら?Genius Bar に持ち込む場合は?

修理・交換を行う場合、iPhone 上に保存されているデータ・アプリ・設定はすべて消えてしまいます。Genius Bar に持ち込む際にもそのリスクを覚悟する必要があります。

よって、必ず事前に iTunes と接続してバックアップを作成しておきましょう。修理・交換品が届いたら、このバックアップからデータ・アプリ・設定を復元できます。

一部のデータ・設定は復元できない場合もあるので、重要なものについては別途バックアップを取ったり、設定についてはメモを残したりしておいた方が良いでしょう。

こちらの Apple のウェブページもチェックして修理・交換に備えましょう。

iPhone、iPad、または iPod touch を修理に出す際の準備

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!