セキュリティ企業による「iPhoneを守る、9つのポイント」。

AppBank の主任です。

Mac 用ウイルス対策・セキュリティソフトを開発・販売する Intego が自社のブログで、iPhone のデータ・プライバシーを守る上で重要な9つのポイントを紹介しています。

ここではサクッとその9つのポイントをご紹介します。詳しくは Intego のブログ記事(英文)をご覧ください。

Top iPhone Security Tips | The Mac Security Blog

  1. 自動ロックを有効にしよう
  2. SIM PIN を変更しよう
  3. iOS・アプリは常にアップデートしよう
  4. iPhone を Jailbreak しない
  5. 信頼できない Wi-Fi ネットワークで重要なデータはやり取りしない
  6. アプリの使用許諾・プライバシーポリシーを読もう
  7. 位置情報サービスは場合に応じてオフにする
  8. 定期的に PC にバックアップしよう
  9. iPhone 3G/3GS ユーザーはホームボタンの設定に注意

いくつかのポイントは分かりにくいので、以下で解説させて頂きます。

SIM PIN を設定しよう

SIM カードは電話アプリを使った通話・3G/LTE 回線での通信の際に使います。このカードを抜き取られると、勝手に通話・通信に利用される恐れがあります。

iOS:SIM PIN について(Apple – サポート)

iOS・アプリは常にアップデートしよう

古い iOS・アプリを使い続けると、修正されていない弱点を攻撃される恐れがあります。

信頼できない Wi-Fi ネットワークで重要なデータはやり取りしない

通信したデータを盗聴される恐れがあるからです。自宅の Wi-Fi ネットワークの設定も見直して、最新の暗号化方式・認証方式を利用するようにしましょう。

位置情報サービスは場合に応じてオフ

3G/LTE 回線を使えば、基地局と通信するのでおおまかな居場所は推定できますが、第三者に正確な位置を知らせたくない場合には重要です。

一方で位置情報サービスをオフにすると、緊急時に「iPhoneを探す」で iPhone の場所を検索できなくなるので要注意です。

定期的に PC にバックアップしよう

データを守る上ではバックアップも重要です。PC・Mac に暗号化した上でバックアップすれば、iPhone 上のほぼ全てのデータを保管できます。

iTunesで作成するiPhoneのバックアップを暗号化する方法(Mac/Windows両対応)

iPhone 3G/3GS ユーザーはホームボタンの設定に注意

iPhone 3G/3GS では、ロック画面の緊急電話機能を開いた際にホームボタンを2回押すと「電話のよく使う項目」にアクセスできる場合があります。

記事によると、設定アプリの【一般】>【ホーム】で「ホーム」を選択すると回避できるとしています(iOS のバージョンによっては設定そのものがない場合もあります)。

また、iPhone 4/4S/5 にはこの弱点はないため、心配する必要はないとのことです。

これ以外にもチェックしておきたいポイント

Intego が指摘している以外にも、iPhone を守る上で役立つテクニックがあります。こちらもぜひご覧ください。

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!