Apple、MFI認証にLightningコネクタを搭載したヘッドフォンを追加へ。48kHzのデジタル出力に対応

Lightningコネクタを採用したヘッドフォンによって、新しい音楽体験ができそうです。

MFI - 1


(画像元・9to5Mac)

Appleが、MFI認証(Made-For-iPhone/iPad/iPod)にLightningコネクタを採用したヘッドフォンを追加しました。

これにより、各ヘッドフォンメーカーはイヤフォンジャックのかわりにLightningコネクタを使ったヘッドフォンを販売できます。

ヘッドフォンにLightningコネクタを採用することにより、どのような変化があるのでしょうか。

Lightning採用で予想されるメリット

48kHzのデジタル出力に対応

LightningコネクタはiPhoneやiPadからロスレスステレオ48kHzのデジタル・オーディオ出力を受け、モノラル48kHzのデジタル・オーディオ入力を送信できるとみられています。

つまり、iPhoneで聴く音楽体験がよりリッチになります。

バッテリーを相互に供給できる

LightningからiPhoneに電力を供給。逆に、iPhoneからヘッドフォンに電力が供給できるようになります。

iPhoneを充電できる、バッテリー内蔵ヘッドフォンが作れます。

また、電力が必要なノイズキャンセリングヘッドフォンなどは、iPhoneから電力を貰えるので、ヘッドフォンからバッテリーを除き、軽量・コンパクトにできます。

特定のアプリを起動できる

Lightningコネクタにヘッドフォンを接続すると、特定のアプリを起動できます。標準のミュージックアプリを起動したり、ヘッドフォン専用のアプリケーションを起動できます。

「ヘッドフォンを購入すると、専用アプリがセットでついてくる」といったキャンペーンなどもできそうですね。

iPhoneでより素晴らしい音楽体験ができそう!

Lightningを採用したヘッドフォンが登場することにより、新しい音楽体験ができそうです。もしイヤフォンにも対応したら、次のiPhoneに付属される標準イヤフォンはLightningコネクタを採用するかもしれませんね。

iPhoneでより音楽を楽しめる予感がして、わくわくします。

参考

Apple introduces MFi specs for Lightning cable headphones, support arriving in future iOS update | 9to5Mac

iPhoneで音楽を楽しもう!

iPhoneで音楽や映画を楽しむ方法を解説しています。無線イヤフォンとiPhoneを使って音楽や映画を楽しんでください!

オススメヘッドフォン

MFI - 2
Appleが買収したBeatsのノイズキャンセリングヘッドフォンです。

とにかくカッコイイですよ!

Beats Studio ノイズキャンセリング・ヘッドフォン (レッド) – AppBank Store | iPhone/iPadケース・アクセサリー



参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!