iPhone 6とiPhone 6 Plusはディスプレイも進化! どこが変わったのかチェック!!

iPhone 6iPhone 6 Plus の液晶ディスプレイを詳しく紹介します。

iPhone 6


(画像:Apple)

一番最初に気付くのは、サイズです。iPhone 5s/5c は4インチ液晶を搭載していましたが、iPhone 6 では4.7インチ液晶、iPhone 6 Plus では5.5インチ液晶を搭載しているので、大型化しています。

変わったのはサイズだけではありません。液晶の性能が向上し、解像度も上がっています。カバーガラスのデザインも新しくなりました。

iPhone 6・iPhone 6 Plusまとめはこちら!
【完全版】iPhone 6、iPhone 6 Plus、Apple Watchの情報まとめ!

『Retina HDディスプレイ』を搭載

iPhone 6 と iPhone 6 Plus は、Retina HD ディスプレイを搭載しています。iPhone 5s/5c までは『Retina ディスプレイ』でした。

液晶の種類は IPS 液晶なので iPhone 5s/5c と変わりませんが、サイズ・解像度・ピクセル密度・コントラスト比が異なります。

iPhone 6 Plus iPhone 6 iPhone 5s/5c
液晶の種類 IPS液晶
サイズ 5.5インチ 4.7インチ 4インチ
解像度 1,920×1,080px 1,334×750px 1,136×640px
ピクセル密度 401ppi 326ppi
コントラスト比 1,300:1 1,400:1 800:1

ピクセル密度は、1インチ当たりのピクセル数を表します。密度が高いほど、より細かな表現が可能になり、ドットっぽさも少なくなります。

コントラスト比は、比率が高いほどハッキリとした表示ができることを表しています。

Retina HD ディスプレイには、別の特徴もあります。1つ目は、正面から見たときと同じ色合いで見える角度を示す【視野角】です。iPhone 6 と iPhone 6 Plus では、この視野角が広くなっているので、ほかの人に写真や動画を見せやすくなります。

2つ目は【偏光板】です。太陽光の下で使うことを想定した改良が施され、サングラスをかけて見たときでも表示は鮮明だと Apple は説明しています。

エッジが丸い『化学強化カバーガラス』

iPhone 6 と iPhone 6 Plus の液晶を保護するのは、化学強化カバーガラスです。擦り傷に対する耐久性があるとされています。

噂されていた、サファイアガラス(サファイアクリスタル)製のカバーガラスは採用されなかったようです。

iPhone 6


(画像:Apple)

特徴的なのはエッジの加工です。これまでのように直線的なカットではなく、アルミニウム製のボディに沿うように丸みを帯びています。Apple によれば、この部分は「1つの連続した面のように感じられる」とのことです。

iPhone 6


(画像:Apple)

iPhone 6 と iPhone 6 Plus では、ディスプレイのサイズや解像度が向上しただけでなく、コントラスト比や視野角も強化されています。

さらにカバーガラスのデザインもボディと一体感のあるものになり、手にしたときの感触はこれまでの iPhone とは違ったものになっているようです。発売が待ち遠しいですね!

iPhone 6、iPhone 6 Plusの最新情報まとめ!

【完全版】iPhone 6、iPhone 6 Plus、Apple Watchの情報まとめ!

iPhone 6のケース・グッズまとめ! どんどん追加中!

参考(順不同)

iPhone 6をオンライン予約でゲットしよう!

お店に行かなくてもゲットできるぞ! → iPhone6をオンラインで予約する!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!