【Apple ID】2ステップ確認を設定したら『復旧キー』の管理は厳重に!

2ステップ確認を有効にしている方は要注意です。

Apple ID


(画像:Apple

ニュースサイト『The Next Web』が、Apple ID に『2ステップ確認』を設定したら復旧キーの管理には注意すべきだという、記者の経験談を公開しました。

2ステップ確認とは、登録したメールアドレスとパスワード以外に、SMS や『iPhone を探す』機能で確認用コードを受け取ってログイン時に入力する認証方法です。復旧キーはその設定時に発行されるコードで、パスワードを忘れたときなどに使います。
Apple IDの新しい認証方法、2ステップ確認の設定・解除の手順を解説します。

不正アクセスの試みが検知されると、Apple ID はロックされます。記事によると2ステップ確認を設定した Apple ID では、ロックの解除に復旧キーが必要です。復旧キーを無くしてしまった場合はどうなるのでしょうか。

通常、復旧キーを紛失したら Apple ID でログイン済みのデバイスとパスワードで再発行が可能です。しかしセキュリティ上の理由で Apple ID がロックされてしまうと、復旧キーは再発行できません。

復旧キーが見つからなければ Apple ID のロックは解除できず、iCloud や購入したアプリ・曲・映画などにアクセスできなくなります。iPhone を探す機能を設定済みの場合、iPhone を初期化した際にアクティベーションロックも解除できないでしょう。

記事によると、Apple に身分証を提出しても Apple ID のロック解除には応じません。セキュリティ上の理由でロックされた場合には、復旧キーが必要不可欠なのです。

ユーザーの設定にかかわらず、不正アクセスの試みが検知されれば Apple ID はロックされます。復旧キーがいつ必要になるかは分かりません。2ステップ確認を設定済みの方は、復旧キーの管理にご注意ください。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!