iPhone 6sはLTEが最大300Mbpsに高速化か。バッテリーの持ちも改善?

今秋発表と噂の『iPhone 6s(仮称)』は最大通信速度がiPhone 6の2倍になるようです。

iPhone 6s


(画像:9to5Mac)

昨日のiPhone 6sリーク写真に続き、ニュースサイト『9to5Mac』がiPhone 6sのLTEモデムに関する記事を公開しました。

記事によると、iPhone 6sはLTE通信を制御する新型チップを搭載し、LTE-Advancedに対応。ダウンロード時の最大通信速度が300Mbpsになるとしています。

チップの消費電力が減ってサイズが小さくなったことで、バッテリーの容量が増える可能性も指摘しています。

最大150Mbpsから最大300Mbpsに

9to5Macによれば、iPhone 6sのプロトタイプにはQualcomm社の「MDM9635M」というチップが搭載されているそうです。このチップがLTE通信をコントロールします。

iPhone 6搭載の「MDM9625M」がLTE通信でのダウンロード速度が最大150Mbpsであるのに対し、iPhone 6sのチップは最大300Mbpsとなっています。

これらの速度をわかりやすい単位に換算すると、150Mbpsは毎秒18.75MB、300Mbpsは毎秒37.5MBのデータをダウンロードできることを表しています。

一方でデータを送るアップロード速度は最大50Mbps(毎秒6.25MB)のままなので、iPhone 6とiPhone 6sで変化はないそうです。

国内ではドコモとauが対応か

ドコモとauがLTE-Advancedの技術を使い、ダウンロード速度が最大で225Mbpsになるサービスをすでに開始、あるいは開始する予定です。

iPhone 6s


ドコモは2015年3月27日から『PREMIUM 4G』としてサービスを開始。2015年度内に速度を最大300Mbpsに引き上げるとしています。

auも2015年夏からサービスを開始する予定だと発表しています。

iPhone 6sはバッテリーの持ちがよくなる?

iPhone 6sに搭載される新しいLTEチップは電力使用の効率を上げ、発熱量も少なくなっていると9to5Macは指摘しています。

さらにLTEチップのサイズが小さくなったことで、さまざまなチップを載せたiPhoneの心臓部であるロジックボードのサイズも小型化できるようになりました。9to5Macによると、プロトタイプ版のロジックボードはiPhone 6のものよりも小型だそうです。

これらの情報が事実であれば、iPhone 6sに搭載されるバッテリーの容量はiPhone 6のバッテリーよりも増える可能性が考えられます。

充電


iPhone 6sにも搭載される『iOS 9』にはさまざまな省電力機能が盛り込まれているので、容量増加と相まってバッテリーの持ちがさらに良くなるかもしれません。正式発表が待ち遠しいですね。

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!