一足早く『iPhone 6s』の強度テストが実施される、気になる結果は?

驚きの結果でした。

iPhone 6s


(画像:YouTube

9月発表と噂の『iPhone 6s』のものとされるボディとiPhone 6のボディを折り曲げ、どれくらいの力に耐えられるのかをテストした結果をYouTubeチャンネル『Unbox Therapy』が公開しました。

iPhone 6sのボディには標準的な合金よりも60%強く、軽いとされる7,000シリーズのアルミニウムが採用され、iPhone 6よりもフレームの厚みが増しています。

どれくらいiPhone 6sは強くなったのでしょうか?

iPhone 6の2倍以上の強度

Unbox TherapyはiPhoneのボディに3点で力を加えるテストを行いました。加えた力を計器で測り、その数値を比較しています。

iPhone 6のボディは30ポンド(約13.6キロ)ほどで折れ曲がりましたが、iPhone 6sのボディは80ポンド(約36.3キロ)ほどで折れ曲がりました。耐えた力はなんと2.5倍以上になります。

もしUnbox Therapyが今回入手したiPhone 6sのボディが本物であれば、iPhone 6ほど折れ曲がる心配をせずに済むかもしれません。

テストの様子を収めた動画はこちらです。

本当に7,000シリーズのアルミニウム?

ウェブサイト『Mac Rumors』が入手した分析データによると、iPhone 6sのものとされるボディにはおよそ5%の亜鉛が含まれていました。

亜鉛は7,000シリーズのアルミニウムに含まれているものであり、iPhone 6のボディには含まれていないそうです。

このことから、iPhone 6sのものとされるボディには7,000シリーズのアルミニウムが使われている可能性が高いと考えられます。

9月開催と噂されるiPhone 6s発表イベントでは、ボディに使っている素材が発表されるのかにも注目しましょう。

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!