【au】あまったデータ通信量を翌月にくりこせるサービスを9月開始

データ通信量を有効活用できます。

iPhone 6


auが2015年9月から『データくりこし』というサービスを始めます。対象プランで『データチャージ』に加入している場合、あまった通信量を翌月にくりこせます。

さらに、auを長く使っているユーザーには『長期優待データギフト』の提供も始まります。契約の期間とプランに応じて、3ヶ月ごとにデータ通信量がプレゼントされます。

データくりこしとは

その月に使わなかったデータ通信量を、翌月のデータ通信量に加えられるサービスです。データ通信量は1バイト単位でくりこされるので、無駄がありません。

たとえば毎月5GBまでの『データ定額5』で4GBまでしか使わなかった場合、次の月にはデータ通信量5GBに前月あまった1GBが加算されて合計6GBになります。

家族のあいだでデータ通信量を融通できる『データギフト』とあわせて使えば、くりこしたデータ通信量を家族に贈ることもできます。

対象プラン

以下のプランを契約していることに加え、データチャージというデータ通信量を追加で購入できるサービスへの加入が必要です。

  • データ定額5/8/10/13
  • LTEフラット for tab/tab ds(iPad向け料金プランも含む)
  • LTEフラット for DATA (m)/DATA (m) ds

条件を満たしていれば、データくりこしの申し込みは不要。自動的に適用されます。

サービス開始は2015年9月で、9月にあまったデータ通信量が10月にくりこされます。

長期優待データギフトとは

新規加入の月から契約期間が5年以上のユーザーに、3ヶ月に1回のペースで以下のデータ通信量がプレゼントされます。

契約5年以上 契約8年以上 契約10年以上
データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
0.5GB 0.75GB 1GB
データ定額5/8/10/13 1GB 1.5GB 2GB

データくりこしとデータギフトで、家族間でデータ通信量を上手に融通できそうですね。auユーザーの方はぜひ活用してみましょう。

参考

余ったデータ容量を翌月も使える! auの「データくりこし」提供開始 | 2015年 | KDDI株式会社

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!