Apple Watchの診断ポートを活用? 機能を追加できる新型バンドを発売か

新しいセンサーを追加できるかもしれません。

150706_power - 7


Apple Watchに新しいセンサーを追加できる、新型バンドが発売されるかもしれない、との噂をウェブサイト『Cult of Mac』が紹介しています。

現時点でAppleが販売しているバンドは7種類で、いずれもセンサーや機能を追加できるものではありません。

2016年に発売?

今回の噂で登場する新型バンドはフィットネス向けのセンサーを搭載しており、Apple Watchの隠されたポートを使って本体と連携するようです。

このようにバンドを変えることでセンサーや機能を追加できれば、高価なApple Watchを毎年あるいは2年ごとに買い換える必要はありません。

この新型バンドは現在のApple Watchと互換性があり、2016年に発売されると報じられています。

どんなセンサーを追加できる?

Cult of Macは、新型バンドに血中酸素濃度・呼吸数・血圧・体温などを測るセンサーが盛り込まれるかもしれないと紹介しています。

たとえば体温を測るセンサーはApple Watch本体の熱に影響されるので、新型バンドに組み込まれた方がより正確なデータを測れます。このようにスペースや位置の問題でApple Watchに組み込まれなかったセンサーが新型バンドで登場するかもしれません。

噂の真偽や信頼性は分かっていませんが、新しいセンサーを搭載したバンドは魅力的。本当に発売されるのか否かは気になるところです。

今後もApple Watchにまつわる噂を紹介していきます。

参考

Rumored Apple Watch bands will bring more sensors to your wrist | Cult of Mac

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!