『iPhone 6s』のカメラはセンサー大型化? 暗所撮影への対応に注力か

新しいiSightカメラは画素数が増えるだけではなさそうです。

2014-09-19iphone6open - 17


iPhone 6s』には1,200万画素のiSightカメラが搭載されると言われていますが、イメージセンサーのサイズも大きくなるとの噂を『Cult of Mac』が紹介しています。

光をデジタル信号に変えるイメージセンサーが大きくなると、iSightカメラにはどんな影響があるのでしょうか。

センサー大型化で暗所でも撮影しやすい?

イメージセンサーが大きくなると、より多くの光を取り込めるようになります。そのため、明るくない場所でも撮影しやすくなるだろうとCult of Macは解説しています。

絞り値も変わる可能性があるとCult of Macは指摘。iPhone 6/6 Plusはf/2.2ですが、iPhone 6sは他社のスマートフォンのようにf/1.8やf/1.9になるかもしれません。

ただし、噂の出どころはAppleに部品を供給する業者とされているほか、大型化したセンサーのサイズなどの数字は明かされていません。

以前には、『RGBWコーディング』という技術で暗所でもノイズの少ない写真を撮れるようになるのではないか、との噂がありました。
次期iPhoneの1,200万画素カメラは暗い場所での撮影に強い?

iSightカメラが800万画素から1,200万画素になることが有力視されている一方、こうしたセンサーにまつわる噂は数が少なく、信頼性も確かではありません。続報に注目です!

参考

iPhone 6s will be better at shooting in low-light conditions – Cult of Mac

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!