『iPhone 6s』は4色で登場か、新しいカラーの名前や色合いが判明?

新色の噂に決着がついたのでしょうか。

2014-920-iPhone6-1n - 04


ウェブサイト『9to5Mac』が独自に入手した情報によると、9月発表と噂の『iPhone 6s』と『iPhone 6s Plus』は4つのカラーバリエーションで発売されます。

9to5Macは、これまでにもiPhone 6sのボディやロジックボードとされるものをいち早く入手。情報の信頼性は高いと考えられています。

名前は「ローズゴールド」?

iPhone 6s/6s Plusの新色については「ローズゴールド」のほかに、「ピンク」という名前が噂されていました。9to5Macによると、新色の名前は「ローズゴールド」になるようです。

色合いは「ゴールド」を銅に似せたものだとしています。以下は9to5Macが公開した予想画像で、下から2番目の色がローズゴールドを予想したものと思われます。

iPhone 6s


(画像:9to5Mac

ボディの素材はアルミニウムとしています。これまでに、軽量で強度が高い7,000シリーズのアルミニウムを使うとの噂が流れています。
一足早く『iPhone 6s』の強度テストが実施される、気になる結果は?

Apple Watchにもローズゴールドというカラーが用意されていますが、販売価格は税別で128万円から。素材は18金です。

フロントパネルは白?

本体のカラーに合わせて変更されるのがフロントパネルです。たとえば「スペースグレイ」ではフロントパネルが黒ですが、「シルバー」やゴールドでは白です。

2014-920-iPhone6-1n - 05


9to5Macによると、ローズゴールドのiPhone 6s/6s Plusはシルバーやゴールドのような白色のフロントパネルを搭載すると報じています。

サファイアガラスは採用せず

iPhone 6の発売前から噂になっている、サファイアガラスを使ったフロントパネルですが、iPhone 6s/6s Plusにおいても採用は見送られたと9to5Macは伝えています。

引き続き化学強化ガラスが使われるらしく、iPhone 6/6 Plusと変わらないようです。

9月にはAppleのイベントも控えており、その場でローズゴールドのiPhone 6s/6s Plusも発表されるものと思われます。楽しみですね。

参考

iPhone 6S will come in Apple Watch-like Rose Gold rather than Pink, lack sapphire, and have renamed Force Touch | 9to5Mac

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!