『iPhone 6s』は感圧タッチが進化!? 「ディーププレス」が加わり押す強さを3段階で識別できる

iPhone 6s』では、「強く押す」という操作が加わりそうです。

2015-0906_iphone6sNews - 1


(画像:9to5Mac

9to5Macによると『iPhone 6s』、『iPhone 6s Plus』には、感圧タッチを進化させた「3D Touch Display」という新技術が搭載されるとのことです。

「3D Touch Display」では、「タップ」、「プレス」のほかに強く押す「ディーププレス」が可能となりディスプレイを押す強さが3段階で識別できるようです。

新しく加わる「ディーププレス」でどのような操作が可能となるのでしょうか。
日本時間の9月10日(木)午前2時から開催されるAppleのイベントでの発表に期待が高鳴りますね。

感圧タッチで何ができる?

通常なら何回かタップが必要な操作を、強くタップすることでショートカットできると噂されています。
【iPhone 6sの噂】関係者がForce Touch新機能を証言、強くタップで時短?

コントロールセンターから設定画面を直接開けるようになる、とする予想動画も公開されています。
【iPhone 6sの噂】『Force Touch』で便利! こんな使い方できるかも?

参考

iPhone 6s to have ‘3D Touch’ three-level, next-gen Force Touch interface | 9to5Mac

iPhone 6sは新技術「3D Touch Display」を搭載!?〜タッチの強さを3段階で識別

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!