iPhone 6s/6s Plus、ディスプレイの端を覆うケースは3D touchの動作が一部使えない?

ディスプレイの端を押すジェスチャー「エッジプレス」に影響が。

case iPhone 6s - 1


(画像・iPod、iPhone、iPad 用ケースの設計 – Apple Developer

Appleがケースデザインガイドラインを更新し、新たにiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPad Pro、iPad mini 4が追加されました。

iPod、iPhone、iPad 用ケースの設計 – Apple Developer

そこで、iPhone 6s、iPhone 6s Plusの新機能「3D touch」を使った新ジェスチャーを使うための設計が言及されています。

ディスプレイの端を押し込むジェスチャーエッジプレスが追加された為、ディスプレイにケースが届く場合「タッチ領域を120°空けて指がケースに当たらないようにすること」と記載。

▽タッチ領域の120°を空ける。
case iPhone 6s - 2


(画像・https://developer.apple.com/resources/cases/Case-Design-Guidelines.pdf)

このケースガイドラインは強制ではありませんが、ガイドラインに従っていないケースはApple Storeで扱われない可能性があります。

iPhone 6s、iPhone 6s Plusのケースを選ぶ際は、これまで以上にケースの回り込みを気にする必要がありますね。

参考

iPhone 6s、iPhone 6s Plusアクセサリーまとめ

ハードケース、バンパー、カードが入るケース・・・

ケースのタイプで探せるアクセサリーまとめはこちら!

iPhone 6s、iPhone 6s Plusのケース・グッズまとめ! どんどん追加中!

Apple発表会まとめ

情報まとめはこちら → 【完全版】iPhone 6s/6s Plus・iPad Pro・Apple TVまとめ

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!