iPhoneのブラウザ対決! 『Safari』vs.『Chrome』

ブラウザ


iPhoneのブラウザといえば『Safari』ですが、Googleのブラウザ『Chrome』も人気があります。両者の機能・特徴を比べてみました。

どっちが速い?

2つのテストを行い、SafariとChromeの性能を比べてみました。

テストに用いたのは、『iOS 9.3.1』をインストールした『iPhone 6 Plus』(16GB)。Chromeはバージョン49.0.2623.109です。Safariにコンテンツブロッカーはインストールしていません。

ベンチマークを行う際には実施アプリ以外はすべて終了。1回ごとにアプリを再起動するほか、キャッシュや履歴などのデータをすべて削除しています。

JavaScriptの処理能力を比べる

さまざまなウェブページで使われているJavaScriptの処理能力を比べる『Octane 2.0』というベンチマークを行いました。数値が高いほど高性能であることを示しています。

Octane  |  Google Developers

Safari Chrome
1回目 8,814 8,489
2回目 8,934 8,818
3回目 8,940 8,843
4回目 8,826 8,985
5回目 8,702 8,972
平均 8,843.2 8,821.4

※ 筆者が検証した際の結果なので、今回と同じ結果が再現できることを保証するものではありません。

5回の平均値がSafariで8,843.2、Chromeで8,821.4なので大きな差はない結果でした。

ウェブページの読込速度を比べる

AppBankのトップページを読み込み終わるまでの時間を計測しました。

ブックマークを開いてから、Safariでは再読み込みボタンが表示されるまで、Chromeでは読み込み状況を示すゲージが消えるまでの時間を計測しました。

Safari Chrome
1回目 18.7秒 19.4秒
2回目 8.9秒 20.5秒
3回目 10.7秒 11.5秒
4回目 13.7秒 12.8秒
5回目 17.5秒 21.9秒
平均 13.9秒 17.22秒

※ 筆者が検証した際の結果なので、今回と同じ結果が再現できることを保証するものではありません。

5回の平均値がSafariで13.9秒、Chromeで17.22秒とおよそ3秒の差がみられます。

しかし、結果にばらつきがあるので、回線やサーバの状況が読み込み速度に影響した可能性もあります。

機能を比べる

機能をジャンルで分け、SafariとChromeがどんな機能を持っているのか、あるいはどんな機能を持っていないのかを比べました。

ブラウジング機能

Safari Chrome
新規タブにブックマークを表示 ×
よく見るサイトを新規タブに表示 ○(オフに設定可)
リンク先を新規タブで開く
リンク先をバックグラウンドで開く ○(設定で切替) ×
Handoff
ウェブページの翻訳機能 ×
画面を引っ張って更新・新規タブ・タブを閉じる ×
タブをすべて閉じる ×(設定→Safari→履歴とWebサイトデータを消去で代用可)
タブの同期 ○(iCloud) ○(Googleアカウント)
デスクトップ用サイトを開く
リーダー ×
リーディングリスト ×
共有リンク(RSS・Twitter) ×
パスワード・フォーム自動入力
パスワードの同期 ○(iCloud) ○(Googleアカウント)
ブックマークの同期 ○(iCloud) ○(Googleアカウント)
ブックマークの並び替え ×

検索

Safari Chrome
アドレスバーから検索
音声検索 △(音声入力は可能)
コピーした内容を開く・検索する △(URLのみ)
ページ内検索
クイックウェブ検索 ×

共有機能

Safari Chrome
印刷 ○(AirPrintのみ) ○(AirPrint+Googleクラウドプリント)
PDFに保存 ×
メモに追加
リマインダーに追加 ○(Safariで開く形式になる)
メッセージで送信
メールで送信
Twitter ×
Facebook ×

設定・プライバシー保護

Safari Chrome
検索エンジンの変更
・Google
・Yahoo
・Bing
・DuckDuckGo

・Google
・Yahoo! JAPAN
・Bing
トップヒットの事前読み込み ○(Wi-Fiのみに設定可)
ポップアップをブロック
個人情報の消去 ○(すべて一括消去) ○(個別消去もできる)
Cookieの設定 ○(4段階の設定) ×
検索候補の有無
プライベートモード
Do Not Track ×

そのほかの機能

Safari Chrome
コンテンツブロッカー ○(要インストール) ×
ウィジェット × ○(新規タブ・音声検索・コピーしたURLを開く)
フィジカルウェブ対応 ×

まとめ

Safariの強み

1つ目の強みは、iPhone・iPadの標準ブラウザであること。ほかのアプリでリンクをタップすれば、原則としてSafariでウェブページを開けます。コピー&ペーストは不要です。

ブラウザ


2つ目の強みは、iCloudと連携すること。あとで読むウェブページを保存しておける、リーディングリストも同期できるのは便利です。

3つ目の強みは、コンテンツブロッカーが使えること。導入すればデータ通信量を削減したり、ウェブページの読み込み時間を短縮できたりします。
iPhoneのSafariで広告をブロックする『コンテンツブロッカー』まとめ

Chromeの強み

1つ目の強みは、Googleアカウントと連携すること。Windows・Mac・Android版のChromeとブックマークやパスワードを同期できます。

2つ目の強みは、独特の操作です。たとえばウェブページを下に引っ張ると、ウェブページを更新したり、新しいタブを開いたり、タブを閉じたりできます。

Chrome


(© Google Inc.)

開いているタブをすべて閉じる機能も用意されています。

Chrome


(© Google Inc.)

※ Safariは設定アプリ→【Safari】→【履歴とWebサイトデータを消去】ですべてのタブを閉じることができますが、履歴やCookieなどのログイン情報も消えてしまいます。

さらに話した内容でGoogle検索が行える、音声検索も使えます。

Chrome


(© Google Inc.)

SafariとChromeにはそれぞれ長所と短所があり、どちらが優れていると一概には言えません。使い方に合わせてブラウザを選んでみてください。

Chrome - Google のウェブブラウザ ・販売元: Google, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 65.6 MB
・バージョン: 49.0.2623.109
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!