あなたが検索するとiPhoneは情報をAppleに送る

Safari


iPhoneの『Safari』や『Spotlight』で検索すると、その内容などがAppleに送信されていることをご存知でしょうか。

送信される情報の種類と、送信を止める方法をご紹介します。

何をすると情報が送信されるのか

Safariのアドレスバーから検索したり・・・

Safari


ホーム画面を下にスワイプすると現れるSpotlightを開いたり検索したりすると、関連するデータがAppleに送信されます。

Spotlight


どんな情報が送信されるのか

Appleに送信される情報は以下の通りです。

  • 検索キーワード
  • 選択した候補
  • 関連するiPhoneの使用状況データ
  • 位置情報(許可している場合に限る)
  • 利用している音楽・動画サービスの名前・契約の種類

iPhone上で見つかった検索結果はAppleに送信されません。また、音楽・動画サービスのアカウント名・番号・パスワードは送信されません。

Appleはなぜ情報を集めるのか

SafariやSpotlightに表示する「検索候補」の精度を向上させるためです。

Safari


Appleが集めた情報は、ほかのApple製品・サービスの品質向上にも利用されます。

送信を止める方法

位置情報の送信を止める

設定アプリの【プライバシー】→【位置情報サービス】→【システムサービス】を開き、【SafariとSpotlightの検索候補】をオフにしましょう。

設定


Safariの場合

設定アプリの【Safari】を開きます。

設定


【Safari検索候補】をオフにしましょう。

設定


Spotlightの場合

設定アプリの【一般】→【Spotlight検索】を開きます。

設定


【BingのWeb検索結果】と【Spotlightの検索候補】をオフにしましょう。

設定


オフにするとどうなる?

情報の送信が止まるだけでなく、一部の機能が使えなくなります。

Safari検索候補をオフにすると、アドレスバーから検索した際に、キーワードに関連するウェブサイト・『Wikipedia』のページ・マップでの候補などが表示されません。

Spotlightの検索候補・BingのWeb検索結果をオフにすると、Spotlightから検索した際に、キーワードに関連するマップやニュースの候補・検索結果が表示されません。

最新情報はAppBankアプリで!

もっとiPhoneを楽しむための情報がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 10.5 MB
・バージョン: 1.0.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!