iPhone 7とiPhone 6sでバッテリーの持ちを比較

iPhoneを速く充電する方法を検証してみました。
iPhoneを速く充電するには? 実験で確かめてみた

(2016年10月24日 追記)

———

1 (16)


引用元:Apple

新しいiPhoneで気になるのは、やはりバッテリーの持ちです。そこで、Appleが発表している『iPhone 7』・『iPhone 6s』のデータを比べてみました。

最大で2時間延びた!

Appleの発表によると、バッテリーの持ちがiPhone 7はiPhone 6sより最大2時間、『iPhone 7 Plus』は『iPhone 6s Plus』よりも最大1時間延びました。

通話・インターネット利用・ビデオ再生・オーディオ再生でどれくらい使えるのかを見ていきましょう。

iPhone 7 iPhone 6s iPhone 7 Plus iPhone 6s Plus
連続通話時間(3G) 最大14時間
(ワイヤレス)
最大14時間 最大21時間
(ワイヤレス)
最大24時間
連続待受時間 最大10日間 最大16日間
インターネット利用 3G 最大12時間 最大10時間 最大13時間 最大12時間
4G LTE
Wi-Fi 最大14時間 最大11時間 最大15時間
ビデオ再生 最大13時間
(ワイヤレス)
最大11時間 最大14時間
(ワイヤレス)
最大14時間
オーディオ再生 最大40時間
(ワイヤレス)
最大50時間 最大60時間
(ワイヤレス)
最大80時間

「ワイヤレス」というのが何を意味するのは不確かですが、おそらく『AirPods』での使用を指していると思われます。
Apple純正ワイヤレスイヤホン「AirPods」の発売日は10月下旬

通常、ワイヤレス(無線)で通信するとより多くの電力を消費することになります。

そのためにオーディオ再生では、iPhone 6s/6s Plusよりも最大使用時間が短くなったものと思われます。

一方、ワイヤレスでありながらビデオ再生・連続通話時間はiPhone 6s/6s Plusと同等、あるいはそれ以上。AirPodsのバッテリーが持つかは不明ですが、AirPodsとの組み合わせなら今までと同じ感覚で使えそうです。

3G・LTE・Wi-Fiでの使用時間も延びており、バッテリーの持ちという点では進化を感じ取れるかもしれません。

参考

iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

事前にサイトをチェック!

申し込みがWebで完結!最新のスマホはソフトバンクオンラインショップで。
ご購入ガイドはこちら

iphome7_softbank_new01


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!