iPhoneのバッテリー交換、費用・方法は?

バッテリー


iPhoneを使い続けると気になってくるのが、バッテリーの「へたり」です。新品のバッテリーに交換すればすべて解決ですが、費用や方法はどうなっているのでしょうか。

バッテリーが「へたる」と・・・

バッテリーが「へたる」、つまり蓄電容量が減ってしまうと、1回のフル充電(100%)で使える時間は短くなります。

しかし、使用可能な時間が短くなる理由はバッテリーの「へたり」だけとは限りません。

iPhoneの使い方や設定が変わったことによるもの、あるいはiOSの不具合という可能性もあります。

本当にバッテリーを交換しないとダメ?

バッテリーの交換を検討する前に、まずは3つの対処法を試しましょう。

1. 再起動する

iPhoneの電源を切って、再びオンにする。これだけで問題が解決することがあります。再起動するとiOSの不具合が解消される場合があるからです。

  1. 電源(ロック)ボタンを長押し
  2. 【スライドで電源オフ】をスライド
  3. 電源オフ
  4. 電源ボタンを長押し
  5. 再起動が完了

2. 設定を見直す

Appleが、iPhoneのバッテリーの持ちを改善するテクニックを紹介しています。なんだか持ちが悪いというときは見直してみましょう。

バッテリー – パフォーマンスを最大化する – Apple(日本)

3. iPhoneを初期化してみる

それでも良くならないというときは、iPhoneを初期化してみましょう。

データをすべて消去し、設定を初期状態に戻すことでバッテリーの消費を増やしていた原因が解消されることがあります。

設定アプリの【一般】→【リセット】→【すべてのコンテンツと設定を消去】で実行できます。

バッテリーを交換するには

3つの対処法を行っても効果がないときは、バッテリーを交換するしかありません。

バッテリー交換はApple・Appleの正規サービスプロバイダに依頼しましょう。

バッテリーは取り扱いを間違えたり、模倣品・粗悪品だったりすると発火・爆発の恐れがあります。

部品の入手ルート・アフターケアを考えると、Apple・Appleの正規サービスプロバイダに任せた方が良いでしょう。

バッテリー交換の費用

Appleに依頼すると料金は保証期間内なら無料、保証期間外なら7,800円(税抜)です。

ただし保証期間内の無料交換は、バッテリーの蓄電容量が出荷時の80%未満になっていることが確認された場合に限られます。

保証期間外の場合においても、問題の原因が電源に使われている部品や回路にもあると、追加で料金が発生するかもしれません。

申し込みは、Appleのサポートページから行えます。

iPhone のバッテリーと電源 – Apple サポート 公式サイト

参考

iPhone のバッテリーと電源 – Apple サポート 公式サイト

リクエスト募集中!

AppBankでは、読者の皆さんからの記事ネタを募集しています。
お名前(ペンネーム可)を入力の上、AppBankのライターに書いて欲しい記事ネタを記入し【送信】ボタンを押して、記事リクエストを送ってください。

投稿はこちらから


リクエストページを別ウィンドウで開く

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 10.5 MB
・バージョン: 1.0.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!