iPhone 8は◯◯が理由でガラス製ボディになる

iPhone 4S


来年発表される「iPhone 8」のボディは『iPhone 4』のようなガラス製になると噂されています。

『iPhone 5』から金属製ボディを採用し続けてきたのに、なぜiPhone 8でガラス製ボディに戻るのでしょうか。

iPhone 8がガラス製ボディを採用する理由

Appleの製品開発に関する調査を行なっている、KGI証券のMing-Chi Kuo氏の予測によれば、iPhone 8がワイヤレス充電に対応することが理由の1つだそうです。

ワイヤレス充電とは、たとえば充電台に置くだけで充電できる技術です。iPhoneに採用されると、Lightningケーブルを抜き差しする必要がなくなります。

ワイヤレス充電にすでに対応したスマートフォンの中には、金属製のボディを採用したものもあります。

しかし、Appleは金属を使うことで充電速度が落ちてしまうことを避けるため、ワイヤレス充電を妨害しにくいガラスをボディに採用したとKuo氏は分析しています。

iPhone 8の充電台は一部モデルにだけ付属?

iPhone 8は容量・Plusか否かを問わず、全モデルがワイヤレス充電に対応するようです。

しかしKuo氏の予測によれば、ワイヤレス充電に必要な充電台は一部の高価なモデルにしか付属せず、ほかのモデルでは別途購入しなければならない可能性があります。

たとえば『iPhone 7』におけるジェットブラックモデルのように容量が大きい、あるいは何らかのスペックが優っているモデルに限られるかもしれません。

iPhone 8に関しては、一部のモデルは従来とは異なる有機ELディスプレイを採用するとの噂もあり、これも高価なモデルに限られると噂されています。

こちらもご覧ください。
「iPhone 8」のサイズは3種類? ○インチ版が登場か
「iPhone 8」には素材が異なる高級モデル登場か

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!