iPad Pro 2のヒントを『iOS 10.3』で発見

iPad Pro 2のヒントを『iOS 10.3』で発見


現在は開発者・テスト参加者に限って公開されている、ベータ版『iOS 10.3』。その中に、新型iPadに関係するかもしれないコードが見つかりました。

こちらもご覧ください。
2017年に発表される新型iPadの情報まとめ(スペック・価格・発売日)

iPad Pro 2は反応が速い画面を採用?

@stroughtonsmith氏がiOS 10.3で見つけたのは、アプリのアニメーションなどを毎秒何フレームで描くかを定めるコードです。

この1秒あたりのフレーム数が多いとアニメーションは滑らかになり、操作に対して表示が反応(変化)する応答速度も高くなります。

今回のコードが定めている通りなら、iOS 10.3では毎秒60フレーム以上の表示が可能になるそうです。

このコードがiPad Pro 2の存在を直接示しているわけではありません。

しかし広色域ディスプレイ・True Toneディスプレイといった、画面に関する新技術を盛り込むこともiPad Proの特徴。iPad Pro 2で応答速度が高い画面が採用される可能性も考えられます。

ウェブサイト『9to5Mac』は、iPad Pro用スタイラスペン『Apple Pencil』がiPadと毎秒240回通信している点を踏まえ、Apple Pencilの使い心地をさらに向上させるためにもiPad Pro 2は応答速度が高い画面を採用する可能性がある、と指摘しています。

参考

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 26.4 MB
・バージョン: 1.1.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!