【パズドラ】愛と美を司る女神! ヴィーナスのキャラクター考察

ヴィーナスの設定調べてみた!


パズドラのキャラクターの歴史での設定や由来を知って、キャラクターにもっと愛着を持ってみましょう。今回は西洋神第1弾の「ヴィーナス」を紹介します。

神話でのエピソードやパズドラでのイラストなど。
ヴィーナスについて色々触れてみました。

※ライターによる考察です。公式発表された設定・情報ではありませんのでご了承ください。

攻略記事一覧 → パズドラ攻略
最新ニュース・ネタ記事一覧 → パズドラ


ヴィーナス

ヴィーナス


モンスターデータはこちら

慈愛神・コスモスヴィーナス

慈愛神・カオスヴィーナス

転生ヴィーナス

神話では・・・

ヴィーナスは元々菜園を司る神とされていました。しかし、ギリシア神話の女神と同一視されたことから、菜園の神ではなく「」と「美」の女神と考えられるようになったのだそうです。
その姿は、半裸あるいは全裸の美女として描かれています。

ヴィーナスはその美しさから、女性の美しさを表現する際の比喩や愛を司る神の代名詞としても使われています。性別記号で女性は「♀」と表記されるますが、本来はヴィーナスを意味する記号なのだとか。
また、「ヴィーナス(ウェヌス)」の名は、近世以降女性名にも使われるようにもなりました。ヴィーナスのように美しい女性に育って欲しいという、親の気持ちが詰まった名前だったのですね。

そんなヴィーナスですが、実はあまりヴィーナス自身の神話は残っていないんだとか。
というのも、ギリシア神話の女神との同一視が早かったため、ヴィーナスの神話ではなく他の女神の神話として残されているのだそう。

金星を司る女神?

同じローマ神話の戦神が「戦争」「武勇」「男性」「火星」の象徴なの対し、ヴィーナスは「愛」「女性」「金星」の象徴とされています。
愛、女性の象徴は納得がいくのですが、なぜ「金星」の象徴なのか?

実はこれも同一視されているギリシア神話の女神が影響しているのだそうです。
というのも、そのギリシア神話の女神が「金星」を司る女神。そこからヴィーナスも「金星」の象徴とされているそうですよ。
象徴とされているからか、金星は英語名で「Venus」。愛と美を司るヴィーナスの名前で呼ばれるのでしょう。

ちなみに金曜日はラテン語で「dies Veneris」、ヴィーナスの日と呼ばれるそうです。
金星だけでなく、曜日にもヴィーナスの名前が反映されているんですね。

パズドラでのヴィーナスは?

パズドラでは女性の姿として描かれています。
」と「美」の女神ということから、名前やリーダースキルには「愛」という言葉が入っていますね。

名前やリーダースキルに「愛」がつく


敵として出現したとき、「ブリリアントワールド」という攻撃がありますよね。
ブリリアントワールドを日本語にすると「光り輝く世界」という意味になります。
ヴィーナスの象徴である「金星」は「最も明るく輝く星」なんて呼ばれたりもします。そんな部分からこの攻撃ができたのかも?

ブリリアントワールド


詳しいステータスを確認しよう

「ヴィーナス」のHPや攻撃力などの詳しいステータスは、パズドラ究極攻略データベースで今すぐチェックしましょう!

慈愛神・コスモスヴィーナス

慈愛神・カオスヴィーナス

転生ヴィーナス

pzdb


注目記事一覧


パズドラくん パズドラくん(@pdkun
ヴィーナスさん、私にも愛をください()

こちらもあわせてどうぞ
パズドラ 究極攻略データベース

パズドラ攻略 ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 64.2 MB
・バージョン: 3.7.4

この記事も見られてます

パズドラの最強キャラランキングはこちら

パズドラの最新情報はこちら

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!