『iPhone X』は新しいアプリ切替の機能を搭載

『iPhone X』は新しいアプリ切替の機能を搭載


10月27日(金)に予約受付が始まる『iPhone X』ですが、関係者にはすでに配布されているようで目撃例が多数報告されています。

中でもいま注目を集めているのが、アプリを切り替える様子を収めた動画です。

スワイプでアプリを切り替え

現時点でiOSに採用されている、アプリの切り替え方法は2つあります。

1つ目は、ホームボタンを2回押してアプリの切り替え画面(マルチタスク画面)を表示→選択する方法です。

2つ目は、画面の左端を強く押す→短くスワイプで切り替える方法ですが、利用できるのは3D Touch対応機種のみ。『iOS 11.0.3』では使用不能で、『iOS 11.1』で復活する予定です

『iPhone X』はアプリを切り替える新方法を搭載


iPhone Xでは、新たな方法として画面下部を左右にスワイプすることでアプリの切り替えが可能。指を離さずにいるか、大きくスワイプするとマルチタスク画面になるようです。

3D Touchを使ったアプリの切り替え機能も同様に、短くスワイプで前のアプリに切り替え、長くスワイプでマルチタスク画面を表示するので、これをiPhone X向けに再構成。さらに、前後のアプリに切り替えられる機能を加えたようです。

切り替えがスムーズなので、複数のアプリを並行して使う際には重宝する機能になるかもしれません。

© 2017 Apple Inc.

参考

@sdw – Twitter

Apple Store ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 74.5 MB
・バージョン: 4.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!